07年11月25日 梨本塾 IN トミン

ついに行ってきました!梨本塾!!

本来であれば、R750で、しかも27秒台を出して、参加する野望があったのですが、
どちらもあとわずかで潰え、まったく想定すらしていなかった形での参加です。

なんで、こんな突然、参加することにしたのかというと、まだトータルでも、3.5時間くらいしか
乗っていないR1000ですが、早くも見えないカベを感じ出してきて、カベをぶち壊す、
なにかのきっかけになればと思ったのでした。

ちなみにここまでのR1000のベストは29.5秒・・・
(R750時代だったら、8時間もののタイヤでヒザすら擦らずに余裕で出せたタイム・・・)
このタイム帯で、行きづまりとは・・・何かとんでもない盲点があるのかなぁ・・


当日はちょう快晴!!

今回の梨塾ですが、普段、トミンの走行でお会いする
T@RRさん愚者さんワイルドピッチさんしにちなかおさんも参加されているし、
途中で、カメラ片手にのぶさんも見学に来られていたので
寂しい思いはしなくて、すみました♪



今日は自走の方が多いみたいです。


ちなみに梨本塾のメニューは

フリー走行30分×2
タイムアタック15分
KRUNレース20周

といった感じで、とにかくガッツリ走りたいという方は、ちょっともの足りないかもしれませんが
その分、かなり内容が濃いと思いました。

まずはAクラスから走行開始。


今日はnewタイヤ投入のT@RRさん。
Aクラスの中でもトップクラスのタイムで周回してました。



ワイルドピッチさん
すっかりAクラスが定着してます。


続いてBクラス走行開始。
(愚者さん、しにちなかおさん、ごめんなさい、同じクラスなので写真ありません・・)


1本目

1本目は、気温もかなり低かったので、じっくり開始しました。慎重にタイヤを暖めてから
とりあえず、全開走行。でも、やっぱり全体的にギクシャクして、イマイチな感触・・・
なんか立ち上がりで向きが変わるのが遅いからしっかり全開にできてない感じです・・
進入でもリアがホッピングし気持ちよく走れないし・・う〜む・・

続いて2本目

1本目を参考に『とにかく全開!開けまくる!』と、気持ちを統一して周回を始めます。
すると、タイヤを暖め終わったトコで、最終進入で転倒発生!!!ライダーの方は
コース上から動けない様子・・・すぐに赤旗が振られて、セッション中断となりました。
その後、ライダーの方は担架で運ばれていきましたが、意識もあるようなので安心しました。

セッション再開後は2番目でコースイン。とにかく全開にしてみるものの、ウィリーが頻発
するだけで、やっぱり速く走れません。。。タイムは29秒中盤〜後半・・
う〜ん、やっぱ決定的な落とし穴があるに違いない。

んで、ココまでは走る前から予想はしていたので、梨塾の醍醐味、塾長に相談にいきました。

すると

塾長『自分では、今、ドコが遅いと思う?』
JUN1『え〜と、最終と左の立ち上がりです。開けきれてません。』
塾長『うん、じゃあ、何で開け切れないと思う?』
JUN1『向きが変わりきってないからです。』
塾長『そう、向きが変わりきってないのは、それまでの行動がマズイからなんだ。
具体的にいうと、コーナーの途中で失速してしまって、それをアクセルを開け
て防いでいる、それで向き変えが遅れているんだ。つまり、コーナリングスピ
ードが遅い⇒進入スピードが低すぎるのが原因、ブレーキをちょっと緩めて
みるといいよ』

JUN1『おっおおおお!!!!!』

なるほど〜!そーだったのか!

そういえば、同じような方法でR750でベスト更新したことがあったけな〜。

でも、過去経験していても、今回のアドバイスを自分で気づくのは難しかったろうな〜。
というのも、自分の中ではタイムアップのフローチャートというものがあって、その中では

1.『とにかく全開!!』・・トミンだとここで29秒台

2.『がっつりブレーキ!』・・28秒後半

3.『ブレーキ緩めてコーナリングスピード上げる』・・28秒フラット

という順番があって、ボクはR1000では1の段階ににいると、思って、ただただ、
全開にすることだけを考えていました。でも、実際は1をするために3が必要で
あったわけです。

原因を推察すると、パワーの低いR750であれば気軽に全開にできるので、
750の時には、あんまり立ち上がりの向きがどうとか考えなくても、そこそこいけた。
さらに結果的に、3まで来て向き変えも出来るようになった。それで、こういった
チャートができたと思われます。でも、750に比べると立ち上がりがナーバスな
R1000はしっかり向き変えしないと、開けられない⇒でも、チャートに従い、ひたすら
見当ハズレな全開をやっていたわけです。

じゃあ、なんで、750時代よりもはるかに遅いコーナリングスピードに気づかなかったのか?
というと、まず

その@
『750よりもきついエンブレ』

かなり、ローギヤードのR1000は750よりもかなり早い段階で、進入時に後輪が
ホッピングします。これにより、『突っ込みは頑張れてる、ゆえにコーナーもそこそこイケてる』
という認識が出来てしまった。

そのA
『シェイクダウン2回目は雨だった』

レースベースゆえにサーキット以外では乗る機会がないR1000。ぜんぜん、慣れて
いない状況で、雨の中走り、遅いコーナリングに慣れ、以前のスピード感を忘れてしまった

というように、いろんなマイナスが重なって、迷宮を走り回っていたようです。

しかし、今回、神の一声、まさにお告げを聞き、光明を見出しました!!

そんで、話は現地時間に戻りますが、

この『お告げ』により、起死回生を狙いたいものの、残された走行枠は、15分の
タイムアタックとKRUNのみ。

ぶっつけ本番で、新走行をやるしかありません。とにかく緊張してきました。
でも、心の奥底では、『つい、2ヶ月前まで出来ていたコトだし、バイクも同じSS。
さらに、ブレーキング⇒コーナリングにかけては750と1000ではパワー差ほど
違いはない』と思っていたので、そこそこ自信みたいなものはありました。

そんで、タイムアタック。

時間がないので、ゆっくり試すなんて悠長なことはやってられません。
ブレーキングポイント変えず、リアがホッピングしない程度にブレーキを緩め、コーナーに
飛び込みます。すると普通に気持ちよく曲がれて、周りの流れていく風景もかつて見た、
750時代のものに見えました!

『うっしゃー!!なんか出来てる気がする!』

あとは、とにかく頑張って走りました。


『うおーーー!!!』  
msftさん写真 ありがとうございます。


すると




(上から2番目がボク)

おーー!8秒台でたー!!しかもBクラスのフロントロー(2番手)ゲットー!!!
(一気に1秒縮んだー!やっぱスゲーお方だ塾長!!!)

そんなこんなで、KRUNは、なんとフロントローになってしまいました。緊張の度合いが
更に高まります。

なんといっても、R1000は購入してから、今日の走行入れても4.5時間位しか乗って
いません。当然、スタートの練習なんかしたことないし、思い返せば、全開スタートなんて
F4iを降りた以降、4年以上やっていないのです。なんてこった、せめて750の時に
練習しとくんだった〜泣

そんな心情とは関係なく、スケジュールはどんどん進んで、あっという間にBクラスの
KRUNの番がきました。

緊張しまくりで、ビビリもMAX!

とにかく、やるだけやってみようと自分を落ち着けて、スタートラインに並びます。

そんで、エンジンの回転を約9,000回転に固定・・・
(今思えば、高すぎた・・いや、最初は5,000回転位でいこうとしたんスよ!でも、
周りの人達がスタート直前にウワァン、ウワァンやるじゃないですか〜それ聞いて
既にビビリMAXだったボクは、つい力が入ってスロットルを開けてしまったんですよ〜泣)

フラッグが振り下ろされた瞬間に軽く(あくまで本人の感触)クラッチミート!!!



ぽん!!!

ムチャクチャな操作をされて怒ったR1000が、怒りのあまり立ち上がりました。。
(要するにウィリーしました)

反射的にというか、恐怖のあまりスロットルを戻し、失速するボク。。その横を
フロントローの2台だけでなく、2列目のTDMの方も通り抜けていきます!

『シィィィィィット!!!』

なんてこった、あまりに予想通りのスタート大失敗!!

しかも、2列目のTDMの方にまで、前に行かれてしまった!!

『マズイぞ、マズイぞ!これはマズイ!』

フロントローは自分含め全員が28秒台、前のTDMの方は確か予選は29秒台だったはず。
仮にトップ2台がベスト付近で走行されると、ドンドン離されてしまう・・・

しかも、TDMの方は前を追うことを諦めたようで、標的をボクに設定し、全コーナー
徹底したブロックラインで走っている。途中、ラップショットを見ると、インベタで進入して
いるから、タイムも29秒中盤〜後半まで落ちている・・

案の定、みるみる離れていく、トップ2台。。

なんとか抜こうと試みますが、ブロックラインをアウトから抜けるほど、速度差は無く
ちょびっと強引にいこうかと一瞬思うも、走行前に『接触は絶対厳禁だ!!』
と塾長が何回も言っていたので(ボクもその通りだと思う)で躊躇し、ドンドン周回が進みます。

途中、一度だけメインストレートでTDMの方がはみ出しかけた時がチャンスだったんですが
直前で、ボクもミスしてて、ビタヅケできていなかったので、ここでも抜けず・・・



『くっダメだ!!抜けね〜!』

結局、4位でゴ〜ル!!!(泣)


(いや、ま〜そんなにあっさり表彰台にいけるなんて思ってないッスよ。でも、フロントロー
だったので、最低でも3位くらいいけるかな〜てちょびっと期待したのが甘かった・・
ちきしょー、悔しいな〜)

まーこんな感じで、KRUNは若干無念がありますが、トータルで見れば、塾長から頂いた
特効薬の効果は早くも出ましたし、今後のタイムアップにも活かせそうなので、今日、
参加して、ホンットーに良かったです。マジ梨塾サイコー♪


しかも、今日は知り合いが多かったので、空き時間もワイワイしゃべれて、楽しかったッス♪

大満足!また参加するッス!!

おしまい

トップへ
トップへ
戻る
戻る