08年1月13日 フリー走行 IN トミン

え〜と、最近、飽き気味だったトミンなんですけど、とある知り合いからK3での
トミン26秒3とか、ツクバ1分フラットのムービーを頂いたり、『K3、K4のGSX−Rは
乗り手次第で今でも十分速い。ただ、進入エンブレ逃がしとか、セッティングとか
上級者的なテクが出来るコトが必須』というアドバイス(励まし)を頂いたりして、
やる気がちょびっと戻ったので、再びトミンに行ってきました。
(いつもながら妙な前置きが長いです・・)


ちなみにこの日は知り合いもいなくて、一人モクモクと練習&オーバーホールした
フロントフォークのセッティングをしていたので、レポもかなり備忘録的&ローテンションです。



当日は非常に寒く(最高気温7℃)、前日が雨だったので、午前の走行は
誰もいませんでした。



12時くらいにトミンに着いたのですが、トランポが3台のみ。
走行開始の13時になっても、10台くらいしか集まらず、今までの土日では
ありえない空きっぷりです。やっぱ寒いからな〜。



今回、リニューアルしたGSX−R1000ネオ!

現状、気になるトコは全て対策したので、体調は万全のハズ!?
(知ってるヒトは知ってる、スロットルのグニグニも直してもらいました♪)



今回、オーバーホールしたフロントフォーク。

てっきりノーマル(0.95k)と思っていたフロントサスですがスプリングが社外のバネレードの
高い(0.5〜1K位)ものが入っていたそうで、油面をSTD比10mm下げてもらいました。


  
タイヤは右側がかなり磨耗していたので逆履きにしました。
ただ、片側は端っこの溝が無くなりかけていて、ちょびっと不安な感じです。


とりあえず1本目

セッティングはオーバーホール前と同じ
(RI以外はエッジセッティング)

FI: H⇒4回転
FC: H⇒10クリック
FT: H⇒6クリック

RI: 179.6mm
RC: H⇒8クリック
RT: H⇒8クリック

タイヤも逆履きに替えたばかりなので、慎重に走
りました。リニューアルしたフロントサスの最初の
印象は全然ストロークしてないと感じるほど硬く
感じました。でも、しばらく走ってコースアウトして
ストロークセンサーを見てみると、結構、沈んで
いる(上の写真)!どうやら、しっかりダンパーが
効き、踏ん張りつつ、ストロークしているようで
す。う〜ん、今までのサスがいかに抜けまくって
たか、再確認した感じです・・・これが本来の感触
なのね(汗)・・

ちなみに逆履きのフロントタイヤも違いが分からない位、問題なし。
ただ、摩耗の激しい左側(正履きの右側)はちょびっと不安な印象。


続いて2本目

フロントが若干硬めになったので、リアのイニシ
ャルを0.8mm(エッジセッティング)締め込ん
でみました。んで走行しましたが、はっきり言っ
て違いが分かりません(笑)ま〜調整幅も0.8m
mだし、こんなもんか。さらにコーナー真ん中でフ
ロントの戻りが早い気がしたので、FT: H⇒6
クリックから4クリックに変更。2クリック位じゃ
変わんね〜よな〜っと思ってたらコレが意外なこ
とに全然、感触が変わって、フロントが切れ込
ようになりました。コレに身を任せれば速そう
ですが、切れ込んで転倒の可能性もありそうだ
し、今のボクでは29秒までタイムが落ちました。
リッタークラスは舵角のつかないセッティングが基本と聞いた事があるので、このセッティング
は×。


3本目

FTをH⇒6クリックから5クリックにして走行。
1クリックしか変えてないのに切れ込みはなくな
りました。自分的には悪くない感じ。しばらくはこ
のセッティングで行ってみよう。しっかしR1000
のセッティングはナーバスだな〜。ちょっとびっく
りした。

セッティングまとめ

セッティングに関しては、タイムはほぼ同じ(オーバーホール前と比べても)ながら
乗っている感触は全然違いました。現状の方が安定していて、乗っていてラクなので
しばらくはコレで。ただ、今回やれなかったけど、少しだけフロントイニシャルを抜いて
もう少しだけ前下がりにしてみてもいいかもしれない。これは次回試してみよう。


その他の練習

人間スリッパークラッチについて

フロントが硬めになったことで、進入時のエンブレによるホッピングは若干緩和された
ものの、思いっきり突っ込むとやっぱり跳ねました。やっぱり、R1000はバックトルク
逃がしは必須科目のようなので、練習開始。まずはブレーキングGに耐えながらでも、
左手の指を自由に動かす練習、具体的にはレバーに指掛けて進入するとこから始め
ました。最初は違和感あったけど、結構フツウにできる。そんでちょこっとレバー引いて
みたけど、レバーに気が向いてる時はホッピングするほど突っ込めず、イマイチ感触が
掴めないまま、この日は終了〜。これも次回やってみよう。


トミンコーナーでのシフトダウン

以前から思っていたのですが、僕のR1000の1速と2速はかなり近いようです。
バックトルクの低い高回転で、ブリッピングなしでシフトダウン(ノークラ)しても
ほとんど、抵抗がありません。逆にブレーキングしていって低回転でやるとフツウに
跳ねる・・・というので、どのくらいの速度でどのくらいのブリッピングが必要か試し
ました。結果・・・これも時間切れでよく分かりませんでした(笑)これも次回だな。


  
13時間使用したBT002(フロントは11.5時間で逆履き)

フロントの左側(正履きの右側)がかなりヤバイ感じになってきました。
溝が消えかかったきた・・・それに比べてリアは全然余裕そうです。
季節にもよるだろうけど、リアは終わる前にフロント2回交換くらいいけそうです。

あ、そうそう、今までトミンを走る上で、全てにおいてR1000よりR750の方が
ラクだと思ってましたが、タイヤがきつくなった時だけはR1000のほうがラク
ことに気付きました。タイムの落ち込みも少ないような・・一応、自分流に考察して
みると、多分R750の方が立ち上がりとコーナーで稼いでいるため、タイヤの状態が
大きく影響するのだと思います。逆にリッタークラスはパワーにモノを言わせることが
出来るので、ちょっとくらい立ち上がりが鈍っても、影響が少ない気がします。

(違うかもしれないけどね、ただR750だとこの位タイヤが減ると、28秒出すのは大変
だった気がします。)

あ〜書き終わって改めてみるとホントにローテンションだ・・・
やっぱ3連休最後の夜に、レポ書くもんじゃね〜な〜。

ただのメモなので気にしないで下さい。

次回の目標(前回と同じ)

もちょっと練習して、リーンウィズのツクバ走行会を目指そうっと♪

おしまい

トップへ
トップへ
戻る
戻る