08年1月20日 フリー走行 IN トミン

この日はAMを走ろうと思って前の晩は早めに寝たんですが、あっさり寝坊しました(笑)
そんでゴソゴソと準備して、9時半出発10時トミン着(近いってスバラシイ♪)

着いて見ると大体15台くらいで、意外と多かったです・・・
う〜ん、先週は超ガラガラだったのにな〜ちょっとガッカリ。

(ただ、後からワイルドさんトコで知ったのですが、前日土曜日AMは3台しかいなかった
そうで、ほとんど貸切状態だったそうな。どうやら少ないのは土曜AMだけみたいです。
しかも、この時はウサギがでたとかw)



ムフフ、今日お披露目のミツバチ号
知り合いは誰もいなかったけどね(泣)

ただトミンの管理人さんだけは気付いてくれて『あれ〜、バイク替えた〜?』って
聞いてくれました。この時はこの何気ない一言がやたら嬉しかったッス(笑)



天気は晴れ!!ホントに午後から雪ふんのか?ってくらいあったかかったです。
といっても最高気温8度くらいですけどね。

この時、遅刻したので既に10:30をまわっていました。
走行時間はあと2時間、今日は瞬発力勝負で集中して走らなければ!

今日の目標

1.半クラによるエンブレ逃がしの練習
2.シフトダウンの練習
3.最終コーナーの新ラインの練習

というわけで、早速1本目


まずはエンブレ逃がし

やっぱり後輪が跳ねるくらい突っ込むと、減速Gに耐えるのでイッパイイッパイで、
クラッチに触る余裕がない・・・
これはもっと基礎から練習する必要がありそうです。
それで、減速時、常にレバーに指を掛けて、いつもどおりリアがホッピングする位の
ブレーキングが出来るようにするという練習に切替。
なんとなく怖い感じですが、これなら出来ました。今後は少し自由になった指で
ちょっとずつレバーを引く練習をしてみよう。


続いてシフトダウン

できないワケでは無いんですけど、相当にニガテです。
というのもトミン育ちのボクはそもそもシフトチェンジの経験が少ないのです。
加えて、トミンの帝王コーナーで2⇒1と落とす時も、シフトダウンしてから
フルブレーキングしてもそんなにタイムに影響がなかったので、今の今まで
サボっていたのでした。

そんで、ま〜今更な練習(だって30秒台のヒトでもフツウにやってるし)をやってみたの
ですが、ブリッピング時にレバーに掛けてる指が緩んで、フロントがピョコッと上がって
しまったり、一連の動作がつながらなかったりして、うまくいきません(泣)

これはもう練習しかないな〜、一応基本のブレーキレバーに集中してブリッピングは
親指を下に下ろすイメージで練習してこう。やっぱツケって回ってくるんだな〜。



そんな感じでピヨピヨ走っていたので、タイムはダメダメな感じ。


2本目

1本目で自分のダメダメっぷりに打ちのめされて、なんとなくノルマ的に走行開始(笑)

ところが、タイヤを暖め終わったところで、後ろから2st系のミニバイク
3台がやってきました(しかもバトル中みたい・・)。う〜ん、ミニバイクなら前に出しても
直ぐに追いついちゃうし、逃げとこうっと思ってとりあえず全開で逃げてみました。

ところが、この3台との差が広がりません!?

逆に必死で逃げてるにもかかわらず、あっという間に後ろにつかれました・・・

『なんてこった、Nチビに追いつかれるくらい乗れてないのか?!』
ちょっとショックを受けました・・・

んで、追いつかれちゃったので、1コーナーで譲って今度はこっちが、ストーキング開始!

うおおおおお!!!って感じで、慣れない練習で溜まっていたウップンを
晴らすべく思いっきり全開で追っかけます!
しかーし、それでもドンドン離れていく、3台・・・

馬力差は軽く140馬力位ありそうなのにストレートですら、差が縮まりません!

『バカな、脱出速度が違いすぎて、加速ですら相殺できていないのか!?』

一度、遅いバイクに捕まって、詰まった時に後ろにつけましたが、またあっという間に
離され、完全に戦意損失、一度パドックに戻りました。

『Nチビ相手にこれじゃ、重症だな・・・』

せめて30秒は切っててくれよ〜と泣きそうになりながら、ラップショットを見ると


エッ!!!!!?


ま、まさか・・・と思って、ちょうど戻ってきたミニバイク3台を見ると、なんかNチビより
デカくて細い!?  

『TZ125』でした。しかもタイヤはスリック!!

さらに周りの人たちもザワザワしていたので、ちょこっと聞いてみると、選手権ライダーで
有名な人たちのようでした。

『ふ〜なんだ〜、超あせったじゃんか〜。』

すると、すぐに3台がコースインしていくので、カメラとストップウォッチ片手に見に行きます。


ゴッゴッゴッゴッゴ!!!!
すげ〜なんかオーラあるぜ〜。



ファーーン!!



おっ! やっぱ速ェ〜な〜。
離されるわけだ〜。純レーサーは違うね〜ハッハッハ。




ファッファファーーーン!!!!




ウオ!?
なんだよ、125だろ!?乗り手しだいでココまでいくのか、マジスゲー・・・





ファファーファーーーン!!!





JUN1『・・・・・・・・・』




なんかスゲーモン見た・・




え〜と、気を取り直して3本目入ります。

2本目、わずか2、3周ですが、あの3台にひたすら無心でガムシャラについて
行って気付いたことがありました。

それは

その1 1コーナーの進入スピード

1コーナーはかなりオーバースピードぎみに突っ込める。

今まではラインを意識するあまり、失速もしくはスピードを調節してしまって
いたのかも・・・・
スピードを乗せてけば、ちょっと位インに付けなくても、タイムアップできる。


その2 最終コーナーの突っ込み&ライン

最終はやはりインベタで直線的に進入し、今までよりも膨らんだトコで向き変えする。

今までは早めにインに近づきすぎてしまい、立ち上がりのマイシロ(競艇用語で
スミマセン。他に良い単語が無かったので)が無くなってしまい、なかなかスロッ
トルを開けられなかった。若干膨らむことで、向き変えのスペースを作る。
インベタで進入してもブレーキが早くて失速したりすると、早めに向きが変わって
しまい、やっぱりマイシロが無くなるので、ラインだけでなく、進入スピードにも
気をつける。

総合すると、要するに『とにかく、突っ込め!』ということです。

今までラインがどうだとか、あーだこーだ考えすぎていたようです。
結局はスピードに乗ってこそのラインであって、失速してたら意味ないのです。

そういえば750の時も、あんま深く考えないで、とにかく開ける事とコーナリング
スピードを上げることしか考えてなかったっけ。うん、やっぱ初心者はシンプルが
一番なはず!


そんで、頭を空っぽにして、ゴー♪♪

すると・・・・


がははは(笑)、やっぱシンプルが一番だった!
(R1000でのベスト更新☆)




ただ、スロットル開けられてきたせいか、フロントアップもさらに盛んになってきた。

それでも、まだストレートで全開に出来ていないので、これを全開にできれば
ひょっとすると750のベストを更新できるかも。

とりあえず、この日はココで終了〜。

自分としては14時間使ったタイヤ(10月の納車以来替えてね〜!)で
ベスト更新できたので満足でした。

ただ、タイヤはさすがにあと1回位(まだ使うのかよ!)で限界が来そうですw
片側は溝が見えなくなってきました。


そんで、帰りにリーンウィズさんへ。

タイヤの話題になって『14時間ものでもベスト更新できました。002って意外と
持ちますね〜♪』って言ったら、チーフのSさんに『正直、なんともコメントのしようが
ありません(笑)』って苦笑いされましたw

よし、も一回走ったら、フロントだけ先に交換しよ〜と☆



あと、のぶさんのZ1000がまだありました。
フロントフォークは完了しるみたいで、部品待ちだそうです。
やっぱハイサイドのダメージってデカイんだな〜。

おしまい


トップへ
トップへ
戻る
戻る