08年3月23日 BS走行会 IN 筑波サーキット




トミンの走行が一応、目標達成というか一段落したので、以前からリーンウィズさん
誘われていた、BSの筑波サーキット走行会に行ってきました。

この走行会、BSユーザーであれば、走行30分×2本が無料で走れるというもの。
ちょうど、トミンを走ることが、飽き始めてきたトコだったので、いいタイミングでした。

イニDの文太も遠征した時こそ、ホームコースの大事さが分かるって言うてたし。



当日は7時に筑波集合とのことだったので、5時半起床、6時出発。
(こんな早起き久々だったので眠かったッス)

道中から濃霧に覆われていて、なんかイヤ〜ンな感じだったのですが、着いてみると
案の定、一面真っ白で、なんにも見えませんでした。



ここはドコやねん(笑)

パドックの入り口でSさんの携帯にいれてみると、『とりあえず、奥へ入ってきて〜』と
言われたので、ドンドン進んでいくと、リーンウィズのテント村発見!!

バイクと装備を下ろして、トランポは奥の駐車場(というか、タダの空き地)に移動。



7時なのにパドックはもう混み混みでした。




ドゥカティの展示パドックも出てました。
申請すれば、試乗させてくれるらしかったです。




リーンウィズさんのテント村

普段はパドックを確保できるらしいんですが、なぜか今日は参加チームが多く、
あっという間に一杯になってしまったみたいです。
(それでも、Sさんは3時半に起きて、場所取りやってくれていたので、本当に
感謝です。ありがとうございました!)


今日の走行枠はA〜Hまであって、午前中がレーサーマシンや選手権族系の
速い人、午後は主にスポーツ走行というか、ホノボノ系クラスといった時間割。
ボクは初めての筑波なのでホノボノの午後クラスで参加です。

ただ、車検は午前中にあるので、そそくさと準備して車検場へ

バイクにはいつもどおり、オンボードを付けていったのですが、案の定、車検官に
『これはちょっと〜』と言われてしまい、外すことになりました。
う〜ん、残念!せっかく筑波を写せると思ったのにな〜

(車検官は一人目のヒトはこれはちょっと危ないので外してくださいとやんわり
言ってくれたんですけど、横にいたデブの試験管が、『こりゃーマズイよ〜!オレだって
CXで転んだ時に付けてて、××さんにメチャ怒られて〜・・』とか言ってきて、
テメ〜の話はいんだよ、聞いてね〜よ、ボケ!外してくださいでいいじゃね〜か。こっちは
指摘されてすぐに外しますって言ってんだから、シャシャんなよ!と若干イラッとき・・・
ま〜いいけどね。)



つ〜わけで、外されたオンボード。
今度、もっとコンパクトなヤツを探してみよ〜と。カメラ自体全てダメってワケじゃない
みたいだし。

車検は終わったものの、コース上は依然として真っ白(視界10メートル位)で
マジでこれで走んのかな〜?とか思っていると
『霧のため、スタートを1時間遅らせます』
と案の定、アナウンスがかかりました。
ま〜そ〜だよな〜。この霧じゃ〜トミンだってムリだもん。

でも、その後は太陽が昇ってきたからか、急激にコンディションが回復☆
延長も1時間のみで、午前のクラスが走行開始されました。うむ、よいよい♪



よ〜やく霧が晴れて、コースが見えてきました。
お〜あれが有名なダンロップか〜。



その後はキレイに晴れて、かなり暖かくなりました。



午前中が基本的に速い人たちのクラスなんですが、
毎回、ドナドナカーが出動してました。


午後になると、アナウンスがかかってブリーフィングへ

ブリーフィングとはいうものの、内容はBSのタイヤの宣伝でした(笑)
ま〜これはしゃーないね、彼らもボランティアでタダで走らせてる
わけじゃないからね〜。あ、BT003のTYPE4の事でBSのヒトが気になる
事を言っていたので一応書いておきます。

BT002からBT003のTYPE4に履き替えたヒトへ

1.基本的に柔らかくなったので、進入でBT002のFタイヤを潰せなかったヒトは、
良く曲がるように感じるはず!しかーし、BT002を潰せてたヒトだと、進入で
潰れた後、タイヤの形状が円状に戻らないので、進入後にアウトに膨らんで
いくようになる。この症状を感じたら、TYPE3以上に変更するようにとの事

2.リアタイヤをBT002からBT003のTYPE4に切り替えた場合、タイヤ外形が直径で
約10mm程度上がるので、尻上がりの状態になるため、前後の車高の調整が必要。
さらに、リアタイヤはフロント同様に潰れやすくなっているので、BT002のセッティ
ングだと立ち上がりで荷重かけた時にリアが入りすぎ、フロントが逃げていく
(アウトにはらんでいく)ようになる。これにはフロントのリバウンド側を強めて対応
して欲しいとの事。

僕自身は1.は分からんけど、2.についてはトミンの最終立ち上がりで確かに
感じました。その時は、後輪から押されて前輪が逃げていく感覚で、フロントが
摩耗してきてグリップが落ちてきたのかと思っていたんですが、どうやらリアが
入りすぎてたようです。


んで、しばらく経つと、ボクの走行枠が回ってきました。トミン以外を走るのは
初めてだったので、相当、テンパッた顔してたのか、Sさんが来てくれて
『大丈夫だから、気楽に行ってきな』って言ってくれました。

最初の2周は先導が付いて、完熟走行。2周目以降はタイヤとブレーキパットが
新品なので、慎重に皮むきしつつタイヤを暖めます。

うお〜広ぇー!つ〜か路面がすげ〜良い!!トミンと比べるとタイヤが吸い付く
よ〜だ!うひゃひゃ〜!!とか言っていると、1コーナーで早くも黄旗が・・・
アプリリアが刺さってました!

これで、ちょびっと舞い上がった気持ちが結構冷めました。
ふ〜あぶないあぶない。そうだそうだ、まだタイヤも温まってないし、コースも
分かってないし、油断は禁物!

んで、しばらく走ってみて思ったのは、自分のR1000はやっぱり強烈にショートで
今のままだと、至るトコでレブってしまい、かなり忙しいという事。
結局、1本目でガチャガチャやってても、危ないし、そんなレベルでもないので
1コ上のギヤで走って、シフトチェンジの回数を減らして、スムーズに走ることにしました☆

他には、当たり前ですけど、やっぱりリッタークラスはストレート速いな〜と
しみじみ感じました(笑)

トミンだと同じくらいのペースで走る600だとあんまりストレートでも
変わらないんですけど、5速まで入る筑波の裏ストレートだと、同じくらいの
ペースの600なら結構な確率で前に出れました。

ただ、その後の最終コーナーはウワサに聞いてはいたけど、マジで怖い・・・

多分、トミンの1コーナーみたいにスピード殺さずに突っ込んで、奥までブレーキ
引きずっていって、奥で曲げて立ち上がるのがセオリーだと思うけど、
筑波で一番の高速コーナーなんで飛んだらダメージも相当に大きそう。。。
(実際、午前のクラスで600で飛んだ人がいて、バイクが二つに折れ曲がっていたし・・)



こんな感じで、1本目はちょっとビビリながらも楽しく走って、タイムは12秒台☆
コースも覚えたし、もちょっとメリハリつければ10秒くらいなら切れそうかな・・
つぎ、頑張ってみようっと♪

んで、2本目タイムアップに向けて、他の人のラインとか観察していると
Sさんがタイヤウォーマー持って来て巻いてくれました☆

おおおっ!ウォーマー☆ ありがとうございます!
一度やってみたかったんですよね〜


初タイヤウォーマー♪!
ありがとうございます!


2本目は隊列の前の方に並んで、ちょびっとペースを上げて走ってみます。
タイヤウォーマーの効果はバツグンで、本当に1本目の1コーナーからヒザが擦れる!
(これはマジでやみつきになりそう・・)

1本目サボリ気味だったシフトチェンジもしっかりやって、開けれるトコは
しっかり開けます。

でも、ペースが上がったからなのか、結構集団に追いついてしまって、なかなか
クリアがとれません。抜くのもコーナーで行くのはまだ自信がないので
ストレートまで待って抜くので、インフィールドだと抑えられてしまいます。

そうこうしていると、エンジンがフガフガしだして、ガス欠の兆候が・・・(泣)
やむを得ずガソリンを入れるため、ピットイン。でも、時計を見ると走行時間は
あと5分位しかなかったので、今日はココで諦めました・・・

んで、肝心のタイムは!?

と勢いこんで、ラップショットを見ると、アレ!?1本目最後の周から動いてない!?

ガーーン!スタート押し忘れてた!!!!?

う〜ん、やっぱし今日もオチがあったか・・・ま〜ええやろ、ええやろ、
コケずに帰れるだけで十〜分だし☆


場所によっては結構、大渋滞気味!

あ、そうそう、走り終わってタイヤを見てビックリしました!
なんて、キレイな溶け方!!

トミンみたいにズタボロにならないので、コレはタイヤも持ちそうです。

ま〜でも、筑波はトミンよりタイヤにかかる負荷というか、速度レンジが高いので、
同じかもしれませんけど・・さすがにトミン走るみたいに20時間使った002とかでは
走るのは怖いというよりヤバイ感じです(笑)



皮むきしただけって感じの減り方!


リアもキレイ♪

今回、初めて筑波を走ってみて、今までいろんな速い人たちから言われていた

『トミンは練習しに行くトコで、タイムを狙いに行くトコじゃない』とか
『トミンでタイヤ使うのはもったいない』とか
『ミッションが使えないトミンはつまらないし、飽きる』というのが

ようやく、実感しました。正直、ボクもそう思います。

ただね、それでもトミンをリッターバイクで走る意味はあるとは思います(少ないけど)。
例えば、立ち上がりの荷重の掛け方とかは、荒れた路面の極低速コーナーを
1速で立ち上がるトミンは最適な場所じゃないかと思います。

でも、今日の筑波は本当に楽しかった〜。誘ってくれたリーンウィズさん、本当に
ありがとうございました。

最後に方向転換宣言!!

今後は筑波でちょこっと頑張ってみようと思います。
(でも、トミンもたまには走りますよ〜☆)

おしまい

トップへ
トップへ
戻る
戻る