08年6月1日 ファイヤーガレージ IN トミン

3月に参加したときに、27秒台のヒントをもらって非常に感触の良かったFGの
ライディングスクールに再び参加してきました。

今回ご一緒したのは、最近、ニューマシンを投入して3ヶ月の休眠から
復活したワイルドピッチさん、ワイルドさんのお知り合いのymaさん

前回参加時は知り合いが一人もいなくて、でも、周りはFGの常連ばかりで、
超絶さみしい思いをしたんですけど、今日はワイワイやれそうです(⌒‐⌒)


でも、この日の朝は若干の不安材料もありまして・・・・



実は前日の夜に片側のフロントイニシャルが回らない(最強で固定)という
マイナートラブルが発生して、リーンウィズのSさんに相談しておりました。

前日の夜に分かったこともあって今更対策はできないし、ま〜フォークは
三叉でつながってるから、2本でバラバラの動きになるわけじゃないし
片方が調節できればなんとかなんだろ。と楽観して、参加はしたわけなんですが。。

でも、やっぱちょびっと不安・・・・・

んで、トラブル抱えてるのを無申告で走るのもマズイと思いまして、一応、
FGのヒトにも報告して、ヤバそうなら棄権するってコトで、OKもらって
走ることになったんですが、、、

申告してバイクに戻ろうとすると自分のバイクを見慣れた
青の作業つなぎの人が見てる・・・・!!

え!?と思って近寄ってくと、

な、なんと、Sさんが来てくれてました!!!

『家、近いし、気になったんで見に来ました〜。』と言ってましたが、この時は
まだ朝の8時台で早いのに、わざわざ見に来てくれるなんて。。。

ううう、なんて良いバイク屋さんだ〜〜〜。

そしてイニシャルを見てもらうと、どうやら経年劣化でアジャスター下部のネジが
若干歪み気味になっているコトが原因ぽいとのことでした。

幸い、動かなくなるのは最強、または最弱に締め切った状態でなるようなので、
何回転かさせれば、動きはシブいものの調整できるようになりました、ほっ一安心(;^_^A

Sさんはたぶん大丈夫だと思うけど、なんかあったら連絡下さ〜いと言って
お店に帰られていきました。


というわけで、さっそく元気になった、じょに〜(←名前付けた)
ステッカーは昨日貰ったものを貼りました☆

よっしゃー、これで何の不安もなく走れます\(^-^)/

あ〜〜、Sさん、ホントありがとうございました!
(今度、菓子折りもっていきます)



走行編


1本目〜3本目

この日は快晴で気温も高く、タイヤも新しかったコトもあって、序盤から27秒台後半で
周回することができました。

でも、そこから先がなかなかでない・・・・・

途中、イントラのYさんやFさんに相談してみると、最終の進入がインベタ過ぎて
コーナー途中で失速しているとのコト。

これは結構、意図的に失速させているというか、コーナリング速度が低すぎる欠点
(イン着きが早くなり過ぎて、立ち上がりのマイシロがなくなってしまう)の対策として
あえて直線的に進入して、アウトにはらみ、遅れている向き変えを一気に行うために、
失速させることでクルンと向き変えをやっていたわけなんですが。。

これ(上)は、操作をシンプル化しつつ、ある程度のタイムを狙うには有効だったとは
思うんですが、確かに失速のポイントを外したりすると立ち上がりでクリップ位置が
安定しなかったり、マシンが起ききらず、ラインが苦しくなったりするので、
そろそろ改善が必要かも・・・

というわけで早速試してみます。

最初は進入で大きく振りすぎちゃって、やたらと大回りしたり、イン側の縁石に
突きささりそうに(?)になったりで、うまくいかなかったものの、あまり大きく振らず、
車体1個分だけ外から進入するようにしたら、結構出口もラクになって、向き変えも
そこそこできるようになりました。

ついでに、コース幅を大きく使うようになったせいで、進入時に目線もより
遠くに(コーナー出口)持っていけるようになって操作に大分余裕が出てきました。

でも、タイムがでないのはこれのせいじゃないな〜、だって前の走り方でも、
27秒3までは出てたわけで、根本的な原因はラインではなく、突っ込み
とコーナリングにありそう。。。。。。

んで、今度はこっちついて考えてみると、原因はモチベーションというか
心の持ちようにある気がする・・

今のボクのレベルでは『気持ちよく走れる』とか『一応、頑張ってる』とかの走り方では
27秒台後半で止まってしまうようです。

それ以上を出すには

『やべーこれはコケル!?』とか『もうと苦しくてしょうがない』とか
『コーナー1個ですんげー削られる』という感じの走らせ方で、
限界を引っ張り出すことが必要そう。。。。


4本目

つーわけで、4本目は改善した最終の進入を意識しつつ、コケ半分覚悟で突っ込み&
コーナリングをガンバリマス!!

最終の進入を変えたことで、他のコーナーも目線をもっと有効に使えるようになって
コーナリング速度を上げていっても、それなりに余裕が生まれました。
(途中、イン着きが早くなってきたので、まだまだコーナリングは上げられそう)

しかも、操作の余裕とは別に、減速Gとかはしっかり体力が削られて、
かなりキツイ・・・一応、これも良い感じ(泣)

全開で走り始めて、5分で体力が尽きて、ピットに止まったトコで、
タイムを見ると一応、27秒5!

ふ〜やっぱ、タイムはラインも大事だけど、モチベーションと言うか、
いっぱいいっぱい感も大事なようでした。

次回はこの感触を大事にしようっと。


なんとか頑張って、27.5・・・・
もちょっと、気張らずにこのくらいまで出るようにしたいものです。
でないと実践(KーRUN)では通用しなさそう。。。

一応ほかに言われたこと(自分用メモ)

・外足ホールド、外足で踏ん張るのを意識するのではなく、外足の太ももをタンクに
押し付け、結果、外足で踏ん張れるようにする。

・立ち上がりでも外足ホールドを意識する。スロットルを開けにくいのは加速Gで
ハンドルにしがみついてしまって、手がフリーになっていないから。

・目線、遠くを見るようになったらイン側の縁石に乗りそうになった。まだまだいける。
最終進入は車体一個分アウトから、でも大回りしすぎない。

・ラップショット乱打はコネクタが問題(ワイルドさん情報、多謝)





今日初めてみた、ワイルドさんの新しいマシン!!
新車のレースベースだけあって、強烈にピッカピカでした。

跨らせてもらったんですけど、すっごく軽くてしかもすげー小さい!
自分のR1000がツアラーに感じた・・・・

思わず、『これはヒキョー過ぎ!!!』と言ってしまいました(笑)


ヒトのとはいえ、新車をみるのは久々なので、ずうずうしくもジロジロ観察♪



テンションなどのアジャスターも工具無しで操作できるようになってる。



一番、うらやましいのがこのリアのイニシャルアジャスター!!!
ハンマーで叩かないとピクリともしないR1000と違いすぎ・・・



うわさの08年の新レギュレーションのカバー。。
実際に見たのは初めてでした。





ワイルドさんのお隣に止めていたymaさんのR6。
こちらも新車のようなキレイさで、オンボードの台座とかP−LAPの付け方とか、
ご本人のブログ同様、とっても美しい仕上がりでした。





最終のワイルドピッチさん。
大分、以前の走らせ方が戻ってきたようです。


立ち上がりも以前の鋭さがもどりつつあるようです。


倒しこみなんか、バイクの軽さが出ているのか、見ていてかなり速く感じました。





最終のymaさん、この日は立ち上がりの開け方をイントラから教わって
いたようで、ベストも一気に更新されてました!おめでとうございます!


Fさんに引っ張られるyamさん。
コレです、コレ!FGはコレがあるからタイムアップに一番効きます。





お隣ではジム屋さんがグルグル。
赤ゼッケンはみんなキモイ動きでした。。。。


前回の筑波で投入したタンクラバーは2回走行で破れが発生してしてしました。
くそ〜、次は別のを試そうかな〜。


今回、密かに投入した、リゾートチェアー!
走行会などは待ち時間が長いので、意外とこういうのが大事な気がします。



この日は6月の初旬だってのに28度もあったので、かなり飲みまくりでした。

朝からいろいろあったけど、やっぱりとっても得るものがあったし、なによりすっごく
楽しかったです。

おつかれさまでした(⌒‐⌒)

おしまい

トップへ
トップへ
戻る
戻る