慣らしの考察

 慣らしについては最後までやるか、やらないか、やるならどの程度やるか、で迷っていたんで
すが、結局、自分なりに考えた結果、慣らしをやることにしました。

一応、慣らしをやる理由
・効果があるか、ないかの実証データはない(個体差以上の差異の立証がない)けど、
 慣らしをやった場合のデメリットはない。つまり、最低でも、やって効果がなかったで収まる。
・季節はちょうど冬で、慣らしを行うには丁度良い。(熱的な負荷が少ない)
・トミンはまだ混んでいる。。。(08/12/1現在)

じゃあ、どうやるか、なんですけど。

まず、オーナーズマニュアル上は
  0`〜 800` MAX 7500回転
800`〜1600` MAX11000回転 ※レブリミットは15000回転

となっており、注意書きとして、リミットを守りつつ可能な限り回転を上下させ、ミッションも満遍
なく使うように、とあります。

でも、エンジンコンディションを走行距離で図るのもちょこっとおかしい。高いギアを使えば距離
なんてカンタンに伸びるわけだし、仮にミッションを万遍なく使うことで想定走行距離を算出して
いたとしても、5速、6速を満遍なく使える状況など、シャシーダイ以外に存在しない。また、回転
の上下などは想定しようがない。

つまり、マニュアルの指導は『走る状況や走らせ方の差を考慮しても、こん位やればいい感じ
になるだろ』という、ある程度のバッファを見た数値のハズ・・・(いや、根拠は無いけどね。)

んで、自分はというと、都内に住んでいるヒトと比べて、田舎道(3`くらい横道無しの直線とか
あったりする)を走り放題で、回転数のコントロールが比較的容易で、多分、同じ距離を走って
も、効率的にできると思われる。

つ〜わけで、自分流の慣らしの方法はというと、

第一段階
【0`〜300` MAX5000回転】
エンジン、ミッションの初期あたりをつける為、可能なかぎりシフトチェンジを繰り返し、慣
らしの後半で使用頻度が落ちる5速、6速も使う。でも、低回転域での過負荷には気をつ
ける。

【300`〜500` MAX5000回転〜7000回転】
オドメーター100`刻みで1000回点ずつMAX回転数を上昇させる。また、回転上昇も
第一段階よりも大きくし、スロットル開度を大きく開けたり、小さく開けたり差をつける。

ココで、オイル交換

第二段階
【500`〜1000` MAX7000回転〜12000回転】
第一段階の後半と同様に、100`刻みで1000回転ずつ上昇させ、さらに大きく回転の
上下をつける。スロットルもそれなりにワイドオープン。でも、全開にはしない。

という感じで、前半はマニュアルより慎重に、後半は内容を充実させることで、サクサク回転を
上げていき、走行距離を短縮することにしました。

ま〜結局は気持ちの問題だと思いますが、どなたかの参考になれば☆
(というか自分がなんとなく書いておきたかっただけですけどね。。。)

トップへ
トップへ
戻る
戻る