09年3月1日 自家塗装 その1

 当初、この日はトミンに走りに行こうと思っていたのですが、朝、布団から出た瞬間にあまり
の寒さに泣きが入って、アッサリお流れ(笑)

 結局、ちょうどまだシートラバーも貼っていなかったので、カウルの自家塗装をすることにしま
した。

 ちなみに現状はこんな感じ↓で、タンクとフェンダーだけ純正で、他は白ゲルカウルというサ
ーキットではもっともスタンダードな状態。。。


 あ、そういや純正サイドスタンドは付けたままでも畳んでいればアンダーカウル(KDC)は取り
付けられます。ただし、当然、使おうと思ったらアンダーは外さなくてはならないので、あくまで
移動用ですけど。。。

 んで、最初はイメージを膨らませるためにビニールテープで線引いてコントラストを考えたりし
たんですが、結局、純正カラーのバランスが一番な感じだったので、基本的に純正踏襲で行く
ことにしました。


こんな感じで、ひたすらイメージ。。。


ちょこっと脱線。。。
 
 そういやUSヨシムラのマフラーについてメール頂いたりしたので、ココで軽く紹介しときま
す。。。詳細はトミン走ってからします。。。

 まず、USヨシムラのマフラーの利点はズバリ価格です。本家ヨシムラやストライカー、アクラポ
ビッチなど、有名どころのマフラーの約半分の価格で購入できます。

 じゃあ、デメリットはというと、まず購入できるショップが限られている事。というのも本家ヨシ
ムラが日本国内でのUSヨシムラの販売を公認していないので、輸入業者からしか購入するこ
とができません。。よって、一般的な量販店では扱っていないし、本家ヨシムラの保証もありま
せん。

 ま〜でも、取り付けも加工等は必要なくフツウに付くので、マフラーにあんまりこだわらないヒ
トにはオススメできます。。


 横から見るとこんな感じです。。ボクのはR−77タイプのステンフルエキですが、確かカーボ
ンとかチタンもラインナップしてたと思います。音量は思ったよりもうるさくないです。。バッフル
も付いてきたので車検取るときにはバッフル付ければそのままイケそう。。。



 ただ、国内マフラーと若干取り回しが違うので、アンダーカウルのマフラー避けの位置と若干
ずれてしまいます。ま〜でも干渉するほどではないです。。

09.12.13追記
その後、パワーチェックしたらこんな感じでふつ〜にパワーもでて、トルクの谷も無くなりまし
た。。結構、オススメだと思います。。あと、トミンで音量図ったら、7000回転前後で100デシ
ベル程度(バッフル非装着)でした。。同封のバッフル付ければもちょっと下がるはずなので、音
量の厳しいトコでもなんとかなりそうです。。


んで、塗装に戻りますが


 この日は式の招待状を印刷しながら、片手間で作業してたんですが、やっぱり効率悪くて、あ
っという間に夕方になってしまって、カウル外して、軽くサンドペーパーで下地作って、プラサフ
(サーフェ)吹いたトコで終了。。。。ってちょっと省略し過ぎか(笑)


結局、この状態で倉庫に転がすコトになった。。。。

そのうち、ちゃんと書く!たぶん!!

自家塗装 その2に続く。。。

おしまい
トップへ
トップへ
戻る
戻る