09年3月8日 自家塗装 その2

 え〜と、前回にイロイロ省略しまくったせいで、書いてなかったことを書いておきます。。。


・なんで自家塗装???
 
 そもそも、自分がワザワザ塗装するコトにした理由は、今のカラーリングだと『梨塾やファイヤ
ーガレージの走行会で写真を撮ってもらうときに分かりにくいな〜』って思ったからです。
 ま〜そういう点では他者との差別化が図れれば塗装の出来などなんでもいいので、自家塗
装で十分だと思った次第です。。。

・どんな感じでやるの??

 ズバリ、ローコスト(上限5000円まで!)、ロー労力(2日以内で完成)です。

 というのも、塗装をするにあたり、ネットで色々調べたんですが、先達者達の多くは自家塗装
とは思えない素晴らしい作品を残しているものの、待機時間を合わせて数十時間を費やし、理
想を求めるあまり追加材料を膨大に購入し、結果、プロに依頼するのと変わらない費用を投入
するケースが多く見受けられました。
 (塗装でググれば、いくらでもヒットする昨今、最近はオールペンを三万程度から引き受ける
塗装屋さんもいる中で自家塗装のメリットは薄れつつあるような気がします)

 単純にDIYを楽しみたい方ならいざしれず、自分のように『天気が良いなら塗装なんざ(失礼)
やらないで、トミンなりツクバなりに走りに行きたい』という人間にとっては費やす時間と材料代
を抑えないと自家塗装のメリットが出てこないと思われました。(ま〜キレイになればそれはそ
れで良いと思うけど、それで数万かけるくらいならタイヤ代にでも回したいとま〜そんなトコ)

 つーわけで、今回はローコスト、ロー労力でやった場合、どの程度のモノが出来上がるかとい
う試みなわけです。


 ちなみに、自家塗装をするにあたりココラ辺↑を読みましたが、ヤレという事をやらなかった
り、絶体やるなという事をやっているので結果的にあんまし参考にならなかったです(笑)
でも、真面目にやるヒトはかなり参考になるので、量販店とかにタダで置いてあるので、読んで
おくと良いと思います。


こっから先は期末で時間が無いのでカンタンに。。。


まず、前回の続きで、マスキングとプラサフ(サーフェサー)を吹きます。。。

ちなみにプラサフを吹く前に300番のサンドペーパーで軽く研磨しておきます。これでプラサフ
の乗りも良くなります。ホンキでやるなら、プラサフを吹いた後にも600番あたりで研磨して、下
地を整えます。補修作業とかだとココで出来上がりが決まっちゃうので、真面目にやりましょ
う。。ボクは当然、メンドクサイので省略しました(笑)

模様を付ける時は全体に塗装した後、模様のカタチにマスキングして、上からもう一度別のカ
ラーを塗るのが一般的ですが、メンドクサイし、カラーも沢山必要になるので、下地は白ゲルを
活用することにしました。。

どうでもいいけど、風でカウルが地面に落ちたときにラッキー(犬)にかじられて、
歯型が付いた(笑)



イロイロ調べた結果、クリアーまで吹いた後にサンドペーパーで磨けば、大抵のミスは
帳消しに出来るという話が多かったので、細かいことは気にしないで、ガンガンに塗って
いきます。。。



ちなみに隣にいたパピーは、昨日、届いたGTOのマフラーを磨いていた。。。



あまり一度に塗ると、すぐに垂れるので何回かに分けて塗装します。。。
といっても、10分もあければ結構固まる。。。



ここであることに気がつきました。。。

ボクはカラースプレーはキャップが中身の色だと思って選んだんですが、いくら塗ってもキャッ
プの色にならない。。。。おかしいと思ってよくよく見てみると、なんかキャップの上にあるシール
の色に近い気が・・・・ガーーーン、色間違えた・・・・

くそ〜、でも、今回のコンセプトはロー労力、ローコストなので追加投資はしない。
よって、塗りなおしも追加スプレーの購入もしないで進みます。。。



んで、出来上がったのがこんな感じ。。。カラースプレー2本で塗ったんですが、ちょこっと足り
なかったです。。理想は3、4本欲しいところですね。。。



ちなみに一番旨くいったのが、シートカウルの下のパネル。。。
テストで何回か塗ってたのが良かったのか、一番色ムラが少なかったです。。。


今回、使用した材料一式。。。コンセプトどおり5000円でおつりがでた。。。
(でも、できればカラーはゆとりが欲しいトコです。4本あればいい感じかな。。。)

あとは、塗装が乾いて、軽くステッカーでも貼って終了の予定です。。。

自家塗装 その3に続く。。。。



おまけ

関係ないけど、この日もバイクの塗装と平行して、式の招待状を作ったりで、ホントに作業しま
くりで疲れ果てた。。。


知ってました??90円の切手って冠婚葬祭用みたいですよ。。。

自家塗装 その3に続く。。。

おしまい

トップへ
トップへ
戻る
戻る