09年6月12日 筑波サーキット A1〜A3

トミンはもう水温がヤバ過ぎて走れないので筑波に行ってきました。筑波を走るのはR1000を
壊した時以来、1年ぶりで当然R750では初めてなので、実は数日前からひっそりと緊張して
いました。

この日は平日な上に前日まで天気予報が雨を連呼していたせいでかなり空いていました。パド
ックなんか8時前に着いたにも関わらずまだ空いている程でした。でも、筑波に慣れていなしボ
クは明らかに空いているっぽいパドックを眺めつつも『ソコ、とっているんですけど(怒)』みたい
な感じで常連さんに言われる恐怖感に負けてガラガラの食堂前の駐車場に止めていましたけ
ど・・・

んで、そんなタイミングなので、誰にも気付かれることなく正にコソ練♪とか思っていたら、
上のような状況にも関わらず、
愚者さんしにちなかおさん、AMRさん、ymaさんと知り合いが多くてぜんぜんコソ練になりま
せんでした(笑)

ちなみに今日の走行はA1〜A3と3本確保していて、しかも全てが当日枠で買えて、走行料も
土日より安いし、マジで土日走るのはワリに合わね〜と思いました。


1本目と2本目

A1は8時走行開始だったんですが、筑波着いたのが7時40分だったのでかなり遅刻ぎみにコ
ースイン。。焦ってコースインしても危険と思い、最初は見送ろうと思ったんですが、ギア比とか
サスとか合っているかも分からないし、2本目から走りに専念する為にも様子見は1本目でこな
しておこうと思ったわけです。

んで、走ってみるとやっぱ1年ぶりで全然スピードに目が付いていかない感じで、なんつーか、
『筑波こえェ〜・・・』というのが第一印象。。でも、ビビッていてもしょうがないので、それなりに
ペースを上げていって様子を見ます。

今のギア比(15−44)はピッタリとは言えないけど、まあまあな感じで一応裏ストレートで5速に
入る。。理想を言えばリア1丁上げてちょびっとだけショートに振りたいトコだけど、ま〜問題なし
(多分、STDからフロント2丁落とし位がジャストだと思う)。

サスはトミンほど思いっきりブレーキングできていないので、大分残ストが残っていた。。コッチ
は今調整するとグダグダで終りそうなので、そのままちゃんと使い切れるように練習する。。

あと、マシンの方ですけど、筑波を走って先ず感じたのが、『低速がホント無い!!』。。トミン
でも感じていたけど、筑波だとそれがかなり顕著。。R1000の時は多少コーナーで失速しても
そのまま早めに向き変えてスロットル開ければすぐに加速したんだけど、R750だとコーナー
で失速するとそのまま回転が下がって立ち上がりでも失速してしまう。。ちゃんと適正ギアで回
転保って立ち上がらないといけないので、走らせ方は結構ナーバスかも。。ただそんな状態な
ので、R1000みたいに2速でもウィリーするようなコトは一切ないので、スロットル開ける時は
かなり平和な感じ。。

スリッパークラッチは3速に落とすときはブリッピング無しで繋いでも全然挙動に出ないけど、2
速に落とす時はブリッピングするか、そ〜とクラッチレバー離すかしないとリアが滑る。。。ボク
はトミン育ちでシフトダウンが苦手なので、ココら辺はちゃんと練習しなくちゃ。。。

ちなみに使うギアは
1コーナー(4速→2速)⇒S字(2速→3速)⇒1ヘア(3速→2速)⇒ダンロップ立ち上がり(2速→3速)
⇒2ヘア(3速→2速)⇒裏ストレート(2速→5速)⇒最終コーナー(5速→4速)⇒1コーナー・・・

な感じが良いと思うんだけど、この日はまずはマシンとコースに慣れるコト、安全に走ることを
優先して、1コーナーでは3速までしか落とさないで、インフィールドを3速で走りました。。でも、
コレだと流石にモッサリとした加速になるのでガバ開けしても怖くない代わりに大分ロスしてい
る感じでした。次はちゃんと2速まで使うようにしよっと。。。

あ、あとR750の動力性能ですけど、裏ストレートで見た限りでは、ギア比の関係も大きいと思
いますけど、600クラスに対しては3速まではかなりアドバンテージがありました。。でも、不思
議なことに4速になると負荷が大きいからもっと排気量差がでるかと思いましたが、実際は差が
少なくなる感じで、ほとんど変わらない位になってしまいました。比べて見たのがR6(多分、0
8’かな?)だったのでR6の過渡特性(ラムエアの効く高速域に合わせた仕様)も影響している
かもしれませんが。。同じようなタイム帯で走っている600であれば2速、3速で追いついて4
速、5速で併走する感じでした。。ちなみにボクの方は5速に入るのは100m看板の直前位だ
ったので、仮に比べた600の方がジャストなレシオでボクがもちょっとショートに振れば多少は
差が広がる可能性がありますが(むしろそうだと思いたいけど)、当然だけどR1000みたいに
問答無用で前に出れる感じではないです。また、GSX-Rの場合は3速までは馬力規制リミッタ
ーが効いているので、GIproとかで解除すれば多少は改善される可能性もあるかと思われま
す。

2本目を走り終ったところで、ymaさんに筑波のタイムアップの定石を教えてもらいました。筑波
は1コーナーがキモでココで流れを作ると全体が良くなるというお話で、その為には最終のスピ
ードを上げることでメインストレートのスピードが上がって自然と1コーナーのブレーキングがハ
ードになり、またコーナリングスピードも上げられる(ブレーキングポイントは容易に変えられな
いので自然と止まりきれずにオーバースピードで進入するようになる)というもので、人間の『カ
ンタンには補正が効かない』という特性を逆に利用した、意識するのは最終の進入のみであと
は全自動というタイムアップ理論でメチャ参考になりました。
ymaさん、ありがとうございました!

3本目
ymaさんのアドバイスを念頭に最終の進入スピードを上げてみる。するとホントに1コーナーの
旋回スピードも上がり、なんか全体的にリズムが取り易い気がします。タイムはココで7秒台。。
R1000の時のタイムは更新できなかったけど、ま〜1年ぶりだし、R750で走らせるのは初め
てだし、こんなもんでいいかなと自分では結構納得な感じです。


感想
やっぱ筑波はトミンよりもマシンを操縦している感が味わえてとっても楽しい。。。今年の夏は
月に1回くらいは筑波を走って、できれば秋のTTに出場してみたいな〜。。

あと、最近何気に気になっているのが、エビス、日光等の他のサーキット。。特にエビスなんか
は空いているって言うし、草レースも多いし、レギュレーションも厳しくないって話なんでかなりそ
そられる。。あ、でもタイヤに強烈に悪いサーキットって話なんで懐には悪いか?
袖ヶ浦フォレストってどうなんやろ??ま〜とにかくちょこっと大きめなサーキットに行きたい今
日この頃なワケです。


写真とか


1本目は大慌てで準備。。。ゼッケン張らなくてはいけないのを忘れてて
危うくコースインしそうになりました。。


こっちは愚者号(R600)。。。改めてみるとホント一緒のカタチだ。。
色塗っておいて良かった・・・ノーマルじゃすり替えられていてもわからん。。


しにちなかおさんのCBR600RR(09’)
最近、キョーレツな勢いでタイムアップしていて、一気に7秒台まできたとか。。恐ろしい。。


筑波では音量規制は問題ないので、トミン用のバッフルを外す愚者さん。。
走行直後のマフラーで『熱ィッ!!熱いィッ!!』と言いながら作業してました。。
冷めてから外せばいいじゃないですか?って言ったら負けらんね〜んだ(?)とかなんとか
言ってた(笑)



今日はとりあえず7秒台に入りました。。



タイヤはやっぱ筑波だとキレイに溶ける。。。長持ちしそう。。



トミン用のガチガチ仕様とはいえ、残ストロークはまだ1cm以上ありそう。。
ブレーキングをもっとガツンとやってみよう。。



そういえば、熱なのか、風圧なのか、両方か、耐熱シールがちょこっと剥がれてきた。。
走行中に剥がれると危ないので、次走る時までに貼りなおししよっと。。

おしまい

トップへ
トップへ
戻る
戻る


備忘

FIN:H⇒3・1/2
FT:H⇒3/4
FC(低速):H⇒3
FC(高速):H⇒2(STD)

RIN:H⇒182.3mm(STD)
RT:H⇒1・3/4(STD)
RC(低速):H⇒1(STD)
RC(高速):H⇒3(STD)

タイヤ ディアブロスーパーコルサ(1.75.1.75) SC2 使用3.5時間
スプロケ 15−44

次回
・最終の進入スピードを上げる。
・インフィールドは2速。
・目線
・しっかりマシンホールド
・早めにシフトダウン、寝かせるまで反クラで逃がす。