09年9月6日 カウル再塗装

09年8月8日

お盆休みでヒマだったので、カウルの再塗装なんぞしております。。

基本コンセプトは前回と一緒で『とにかく低コスト(5000円以内)』、『低労力』ですが、
今回はレース検を意識して、『ゼッケンを張りやすくする』のと『色を合わせるw』のを
加えて作業してます。。。


んで、再塗装中です。。。

基本的にウレタンクリアを使用していなければ、付着している塗料を全部剥がす必要は
ないです。軽く研磨してもう一度プラサフ(サーフェサー)を吹いて塗装すれば問題なし。。

ウレタンクリアを使用している場合には完全に塗装を剥がさないと、塗装が割れることが
あるそうなので、注意が必要。。。ウレタンクリアーを使っていない場合でも、塗装の色が
全然違う場合なんかも全部剥がした方がいいと思います。


んで、カラーを塗り終わった状態がこんな感じ。。。
エアインテーク周りを黒にして、シャープな感じにしています。。

デザインは純正デザインを参考にしています。。。


ゼッケン貼る面積が少ないように見えますが、実際はスクリーンのした部分に
カッティングシートを貼って、カウルからスクリーンに掛けてゼッケンを貼るので
面積的には問題ないです。。。(たぶん・・・)

あとは塗装の完全乾燥を待って、軽く全体を研磨&微修正を加えてクリアーを吹けば完成。。

あ〜完成が楽しみだ〜。。。ステッカーとかどうしよっかな〜。。。



09年8月23日

というわけで、この日はクリアーを吹きます。

クリアーは通常のクリアとウレタンクリアーがあります。。。
どう違うか、カンタンに書きますと。。。

通常クリア・・・安い、歪みに弱い、塗装が弱い、艶はウレタンクリアに劣る、
         再塗装の時に完全に塗装を剥がさなくても、ソコソコ修正できる。。

ウレタンクリア・・・若干値段が高い、歪みに強い、塗装が強い、艶がスゴイ、使用開始
         から12時間以内に使用しないといけない、修正時は塗装をサーフェまで
         剥がさないといけない。。有害物質が入っている(マスク要)

という感じで、どちらも一長一短なんですが、前回通常のクリアを塗ったら撥ね石とかで
塗装がドンドン剥げていったんで、今回はお試しでウレタンクリアを塗ることにしました。



んで、コレがウレタンクリアーです。。ボクはたまたまヤフオクに出ていたのを1000円程度で
入手できましたが、通常定価では2500円くらいします。。

クリアーを塗ってしまうと下地の補正が掛けられなくなるので、クリアーを塗る前に下地を100
0番のサンドペーパーで馴らします。。あと、余計な部分に付いたカラーがあればこの時に落と
しておきます。。あ、1000番といえどあんまりダイナミックに削ると塗装が完全に取れちゃうの
でほどほどにご注意下さい。。。

で、下地の修正が終ったらちゃんと脱脂して、クリアーを塗ります。。ウレタンクリアーの場合は
重ね塗りの間隔は10分程度しかないので、一気に塗っていく感じです。。クリアーはカラーと違
って、どの程度塗っていいのか良く分からなかったんですが、ボクは2本使用しました。。。フル
カウル全体に塗るなら4本程度は欲しいところかも。。。

あと、カラーよりも乾燥が遅いので、塗り始める時間帯には注意が必要。。ボクは外気温25℃
で表面乾燥まで約5時間程度かかりました。。。


んで、塗ってみるとこんな感じです。。

さすがに高価なだけあって、光沢、艶がスゴイです。。塗装の強さはまだ分からないけど、出来
上がりは通常クリアーとの値段差以上に差が付く気がする。。。せっかくココまで頑張ったんだ
し、コレはケチらない方がいいかも。。。


シートカウルもピカピカに!


アンダーも顔が写りそ・・・なわけないか(笑)


その後は乾燥です。。夏なのに表面乾燥まで結構かかりました。。。
塗装には虫が集まる成分が含まれているので、夕方はなるべく避けたほうがいいかも。。


ちなみに今回使った塗料はこんな感じです。。。
ほとんどヤフオクで購入したのと、前回の余りがあったので、一応予算(5000円)以内で
収まりました。。。

今後はクリアーの完全乾燥をまって、表面を磨いて、ステッカー類を貼る予定です。。

次回につづく。。。


09年9月6日

というわけで、完全乾燥を待ってたら、うっかり忘れていて1週間余計に経過してしまいました
が(笑)、とりあえず、完成したので、カウルを装着して、ゼッケンを貼ってみました。。


んで、カウル付けてみるとこんな感じになりました。。


フロントからシートまでは青白、シートからテールにかけては青黒でまとめました。。。

今回の試みとして、テールカウルの下面を黒に、上面を青とすることで、テールカウルを
薄く、広く見えるようにしてみたんですが。。。(ホントそう見えるかは知らんけど)
どうでしょう??


リアビューです。。


ちなみにフロントのゼッケンはカウル内に収まらなかったので、スクリーンの下に白の
カッティングシートを貼って、貼る面積をかせいでいます。。


テールカウルのゼッケンはちょこっとデカ過ぎた(笑)

完成したときは自分でも『まぁまぁじゃね??』とか思っていたんですけど、その後、
リーンウィズに行ったらホンモノ↓がいっぱいいて、目が覚めました(笑)


やっぱプロの作品は次元が違う・・・て、比べることすら無礼な話だよね。。。

カウルはこれでとりあえず、完成〜。。。

あとはSさんにカウルの一部をコンパウンドで磨いて貰ったら、クリアー塗装がエライ光沢を
放つようになったので、時間あるときにコンパウンドなぞ掛けてみようと思います。。

おしまい

トップへ
トップへ
戻る
戻る