09年9月21日 梨本塾に行ってきました。

前日に筑波TTを見に行ったら、自分でも猛烈にレースっぽいコトがしたくなったので、梨塾に
参加してきました。。。

といっても、バイクに乗るのは2ヶ月ぶりだし、トミン走るのに至っては4ヶ月ぶりだったので、ま
ともに走れるか怪しかったんですが、ま〜とにかく走りたかったワケなんです。。


さっそく、1本目

バイクもトミンも久々だし、ツナギ(エアバック付き)を換えて操作系のフィーリングが変わってい
るハズだし、タイヤも新品なので、慎重に走りだす。。。

んで、数周走ってペースを上げようとオフセットを増やすとさっそく異変が・・・

なんとエアバックとバイクを繋いでいるケーブルがオフセットするとピンと張ってしまってオフセ
ットができない!?

このケーブル、エアバックとバイクを繋いでライダーがバイクから落ちるとケーブルが引かれて
エアバックが作動するものなのですが、どうやら長さが足りないみたい・・・右にオフセットしても
左にオフセットしてもどちらも長さが足りず、動きを止められてしまいます。。。

途中、もう外してしまおうと思いましたが、一応、テストなので、色々試そうとフォームを変えたり
しながら走ってみましたが、結局長さそのものが足りないので、どうにもならず、1本目はろくに
ヒザも擦らないまま終了・・・うむゥ〜。。。


んで、2本目

1本目の経験から現状のエアバックの付け方ではむしろ危険と判断して、エアバックを外して
走りだす。。

すると今度はちゃんとオフセットできて、新しいツナギも若干硬いけど、動きを阻害するほどで
はないので、一応、ヒザが擦れる(笑)

んで、いよいよとばかりにペースを上げて走ろうとしたところで、なぜか転倒者はいないのにフ
ルコースコーションに。。どゆこと??とか思ってゆっくり走っているとバッキーさんがボクを指
差して何か言ってる!?

げ!ボク??ひょっとしてマシンに問題が??と思ってピットインするとラップショットのセンサ
ーがステーから外れて引きずっていました(泣)

あ〜みなさん、黄旗だしてしまい申し訳ありませんm(_ _)m

というわけで、2本目もろくすっぽ走れずに終ってしまいました。。。う〜ん、やっぱ久々にバイ
ク動かすと色々起こるな〜。。


予選

ココまでまともに走れていないものの、とにもかくにもタイム出さないコトにはお話にならないの
で、とにかく全力で走ります。。。

でも、やっぱり久々なせいか、コーナーで目が付いていかず、失速しまくり。。結果、ストレート
でアクセル開けるとやたらとウィリーして、とっても疲れる。。うへえ〜(´ヘ`;)

結局、予選順位は2位だったものの、タイムは28秒フラットで頑張りに反比例して伸びず、つく
づく練習を怠るとすぐ結果に出てしまうと反省したのでした。。。


決勝前

ko−kiさん(TT優勝おめでとうございます!)にセッティングのアドバイスを頂いて、FCの低
速、高速をそれぞれ1回転強めてみる。。。(結果としてコレが大当たり!)

他にも
・スタートのやり方(実は昨日、教えて頂いた♪)
・ブレーキング時の姿勢を少し低く。(つんのめり防止)
・コーナリング中はしっかり脱力を心掛ける。

などなど、即効性のありそうなアドバイスを頂きました。。

ko−kiさん、本当にありがとうございました!!


K−RUN Aクラス 決勝

んで、スタート。。。

教えてもらったスタートをさっそく試してみる。。さすがにぶっつけ本番だとちょっと厳しいけど、
このやり方は毎回不安になる『バク転』を防止できるので、思い切ってスロットルを開けられる
のがいい感じ。。(今後、練習してモノにしたい☆)

で、レースのほうはスタートが上手いトシさんが飛び出してホールショット。。。
2位I駒さんで、3位がボクの順。。。

前を走るI駒さんは非常にミスが少ないライダーなので、ミスを待っていても意味がない。。積極
的に仕掛けていくしかないと判断。。。

とはいえ、相手はリッタークラス、直線で完全に前に出るコトは難しい。。とにかくビタヅケでスト
レートを付いていって、ブレーキングでインに入る方法しかない。。。幸い、直前のサスのセッテ
ィング変更が当たって、ブレーキング時にリアのグリップが抜ける症状も治まってきているの
で、ブレーキングに不安はない。。

その後はひたすら最終の立ち上がりでタイミングを合わせて仕掛けようとするものの、、なかな
か抜けない展開が続く・・・途中、ギア抜けして、コースアウトしそうになったりして、ドンドン周回
が進んでしまって、結構ドキドキな展開。。。

それでも、18周目にうまく立ち上がりを合わせられて、1コーナーの進入でインに入って2位、
浮上。。
うっしゃ〜!次はトシさんだ!って思ったところで、チェッカーフラッグが振られて終了〜。。

あ〜もう数周あったらな〜と思わなくはないものの、自分なりに精一杯頑張ったし、久々に楽し
いバトルができたので、十分満足な結果でした。。

んで、その模様。。。
今回からワイルドピッチ製、スペシャルオンボードです☆(ワイルドさん、多謝!)



2010年2月5日追記

K−RUNムービーのyoutube版がアップされていたので貼ってみました。。

前半


後半



写真とか


今回は不発に終ったエアバック。。今後、改善策を検討しよっと。。


ヘルメットは当然問題なしでした。。


梨塾でウォーマー使うのはなんとなくKY的なものを感じるので、せめて、発電機の
音だけでもなんとかしようと、延長コードを投入しました。。騒音は多少マシになった。。


愚者さんが空き時間にミニバイクで遊んでいた。。


ワイルド製オンボード!さすがに画質が全然違う!


K−RUN直前に発電機がキャブオーバーフローで動かなくなったので、天然ウォーマーに
切り替えました。。この季節でよかった。。
(発電機はその後、Sさんに直してもらった。Sさん、ありがとうございました!)


今回、初めて履いてみたレーステック。。温度依存は高そうですが、グリップ、耐磨耗性ともに
良好、ディアコルよりも固めなトコもボク好みでした。。


今回はみなさんも若干ペースが上がらなかったみたい。。


そういや、コースインレーンが出来ていた。。。


2位の賞品でバックを貰いました。。映っている足はトシさんのです(笑)

ひさびさの参加ですがとっても楽しかったです。。。
できれば年内にもう一回くらい参加したい。。

おしまい

トップへ
トップへ
戻る
戻る


備忘
FIN:H⇒3・1/2
FT:H⇒3/4
FC(低速):H⇒2
FC(高速):H⇒1

RIN:H⇒182.3mm(STD)
RT:H⇒1・3/4(STD)
RC(低速):H⇒1(STD)
RC(高速):H⇒3(STD)

タイヤ レーステック(温感2.1) 使用1時間
スプロケ 15−44

・ブレーキング時に姿勢を低くしてみる。
・コーナリング中にイン側の腕を脱力する。
・後ろ乗りで走ってみる。
・進入で半クラあてる。