10年3月21日 ラップショット2.5×ブレーキパット交換

2月にトミンを走ったときにぶっ壊したラップショットですが、メーカーに送ってラップショット3の
センサーが使えるように加工してもらったので(みっち〜さん、情報多謝!)、さっそく取り付け
てみました。。

ちなみにラップショット3用のセンサーは感度がかなり上がっているらしいので、センサーの取
り付け位置も今回ちょっと変更してみました。


んで、加工後のラップショットがコレ。。2のネガだったセンサーコードのコネクター部分が無くな
ってそのままコードが出てきています。んで、3のセンサー用にジョイントが作られてます。。


んで、センサーの取り付け位置ですが、過去、数回トライしてことごとく失敗したカウル内センサ
ー設置を今回の感度向上に伴って(ま〜ぶっ壊して懲りたのもある・・)もう一度やってみること
にしました。。

とはいえ、マフラーが近くを通るカウル内は熱でセンサーを溶かしたとか結構聞くので、熱対策
も講じます。。


んで、買って来たのがこの配線バンド。。


センサーコードに巻きつけて直接熱風が当たるのを防ぎます。。本当は耐熱シールを使うのが
いいと思うんだけど、個人的な印象ですけど、コード自体は熱には結構強そうなイメージ(ハー
ネスとかエンジンの近くでも大丈夫だし)があるので、今回はコレで。。

でも、問題はセンサーでこっちの方が開けてみたら中身が溶けていたとかよく聞くので、対策を
しっかり練ります。。


んで、買って来たのがコレ。。デイトナの耐熱ウール(アルミ)。前にのりぞ〜さんがセンサーに
巻いているのを見て、真似してみました。。


巻いてみるとこんな感じ。。


この状態でも磁石でテストしてみると問題なくセンシングできる。。


んで、ステーに取り付け。。ステー自体はマフラーマウントにタイラップで固定。。
ちなみにステーはアルミかプラスチックが推奨だそうです。。
一応、この状態でもテストして問題なし。。

さてさて、コレでどうなるかの〜。。そろそろラップショットで悩むのは終わりにしたいな〜。。
(終ってから気付いたけど、カウルに貼っている耐熱シールが悪さしてないかな??走行テスト
してダメだった疑ってみよう・・)


ブレーキパット(RKメガアロイ)交換

先日の走行で結構フェードするようになってきたので、ブレーキパットをメガアロイに交換。。

それにしても数えてみたら15回も走ってようやく交換なんだから、純正パットってホントに長持
ち。。僕レベルでは効力にも不満はないし、次は純正にしよっかな〜。。


んで、外した純正パット。。公道ならまだまだゼンゼンいけそう。。


K2の750時代から使っているメガアロイに交換。。
安くて制動力も不満は無いのでお気に入り。。ただ減りがかなり早い。。


交換ついでにキャリパーを掃除しました。。
パットスプリングの構造が昔と変わっていてなんか新鮮だった。。
揉み出しとかチョーテキトーだけど、とりあえず良し。。


パットピンはけっこう段減りしてた。。コレは次交換かな〜・・

んで、あとはチェーンを清掃、ルーブ吹いて終了〜。。

そうそう、終ってから気付いたんだけど、社外パットを装着する時ってパットのバックプレートっ
て付けてます??正直、過去一度も付けた事ないんだけど、アレって必要なのかな?

(追記)
Sさんに聞いたら鳴き防止だから、サーキットユーザーにはあまり必要とされないみたい。。
(Sさん、多謝!)

おしまい

トップへ
トップへ
戻る
戻る