10年3月27日AM 筑波サーキット A1

当月予約に失敗してA枠1本しかとれなかったので、ちょっと迷ったんだけど、結局たった30分
走るために筑波まで行ってきました。。


おまけに前日の雨の影響が残っていて、路面は微妙にウェット。。


天気は良いけど気温はフツ〜に寒い・・


S字横の観戦台とか凍ってて、路面状況を確認しようと登ったら滑って転んだ。。


朝一で車のタイムアタック大会みたいのがやってた。。
フェラーリが走っているかと思えばロールスロイス(↑)が走っていたり、トップと最後尾のタイム
差が1分以上あったりで見てる分には面白いけど、走っているヒトは大変そう。。

んで、走行編
朝一のA1なので、8:30から走行開始。。直前に↑の四輪の走行があったから、ひょっとして
路面乾いてるかも!?との期待もむなしく完全にウェットではないけど、濡れている感じ(ダン
ロップ下が完全に濡れてて、他にも霜降り状態なトコが結構ある)。。
たぶん、気を付ければそれなりにいけるんだろうけど、タイヤも5時間ものだし、ベスト狙いに
いくトコじゃないので、周りのペースに合わせて8秒〜10秒くらいでピヨピヨ走りながら、先日付
けたオートシフターとかヴァージョンアップしたラップショットのテストをする事にしました。。

んで、オートシフターですが、点火カットとシフトチェンジがピッタリ合えばほとんど衝撃なしでシ
フトが上がるんだけど、タイミングがズレるとシフトチェンジができないか(この場合、そのまま
レブに当たりっぱなしになる)、出来てもスゴイ衝撃が来る(あんまりやるとミッション壊しそ
う・・)のでコレはちょっと慣れが必要っぽい(実はSさんからも最初は結構タイミング合わないよ
って言われてた)。。予めペダルに軽く足を押し当てておいて点火カットのタイミングでしっかり
入れるとちゃんとシフトチェンジできる感じ。。ま〜とにかく練習だね、練習。。(どうしてもダメな
ら逆シフも検討しよう。。)

あ。あとピットレーンスイッチも使ってみました。。排気音がスーパーGTマシンみたく『バッ
バッバッバ』ってなるのかと思ったら、『バァーーーー』って感じでなんかパーシ
ャル状態とあんまり変らないので、正直まったく目立つアイテムではなかったけど、ま〜当然ち
ゃんと機能するので良かった良かった。。ま〜あんまり使わないだろうけどね。。

あと、ラップショットもバッチリセンシングしてました!(うう、長かった〜、コレでようやくこの悩
みから開放される・・)やっぱラップショット3のセンサーは感度がいい!
本体とのコネクタも代わってビニールテープで固定しなくても良くなったのも大きい!コレもセン
シングの向上と繋がってると思うし、おまけにとってもラク。。

ま〜こんな感じでB枠で試すにはちょっと危ないかな?ってテストはそれなりに出来たので良か
ったんだけど、走りの方は完全に不完全燃焼な感じでした。。
んで、その後は1時間ほど、『走行券買います』の看板を掛けて粘ってみたんですけど、案の定
効果なくて、ちょっと迷ったけど、天気もいいのでトミンに行くコトに。。。

というわけでトミン編はコチラ。。

その他いろいろ。。

走行枠1個しか持っていないから、とりあえず看板出してみた。。収穫無かったけど。。

 
今回のテストネタのラップショット。。結果はバッチリ!
センサーもカウルの中で100%センシングした☆


今回知ったんだけど、タイヤサービスの横の操電盤からコードで電気が取れるみたい。。ココ
の前を確保できればピットみたいに発電機使わないでウォーマーが掛けられるっぽい。。

とりあえず、おしまい。。午後のトミン編はコチラ。。
トップへ
トップへ
戻る
戻る


備忘
・シフターは予め足を押し当てておく。
・『おりゃ!』みたいな感じでタイミングを取る
・とりあえず回転は気にしないで(1万回転とかで)全開状態でシフター操作を練習する。

FIN:H⇒5
FT:H⇒1・3/4
FC(低速):H⇒2
FC(高速):H⇒1

RIN:H⇒182.3mm(STD)
RT:H⇒3
RC(低速):H⇒1(STD)
RC(高速):H⇒3(STD)

タイヤ レーステック(温感2.2) 使用5.5時間
スプロケ 15−45