12年12月19日 筑波サーキット B2 B3

日によっては(稀だけど・・)気温が10℃を超える日もあるだろうと行ってはみたけど、あまりの
寒さにひよって逃げ帰ったお話。。いつも通り、写真多めでカンタンに。。


ついてみるとこんな感じで『走っちゃダメだろ!コレ!』とツッコミを入れたくなる気温(笑)。。
しかもメチャクチャ強風で体感温度はもっと低い感じでした。。


さらに、そんな寒さにやられたワケではないだろうけど、以前から弱ってたバッテリーさんも完
全に沈黙してしまいました。。(ワル塚さん、ケーブルありがとうございました!)

んで、とりあえず走ってはみたのですが、案の定、足元が頼りない感じでおまけにインラップの
ライダーがそのままダンロップ下で転倒⇒1周もしないで救急車出動というショッキングな状況
を見てしまったり、先日、チェーンを詰めた事によりリアタイヤ(ピレリ200サイズ)がスイングア
ームに干渉する事が判明したりで(これは走っていてもコツコツ伝わる感じでわかった)、完全
にココロが折れて、文字通り震えながらロクに走らず終了となりました。。
う〜ん、やっぱ路面温度5℃以下はヤバいね、今更だけど(;^_^A


こんな気温だから当然、ピットもガラガラ。。
タイヤもウォーマーブランケットを巻いて、2時間掛けても気温が低い&風が強いでなかなか温
まらなかった。。


ちなみに先日入れたビックラジエター(MB製)は如何なくその性能を発揮して(笑)、上面全てを
ガムテープで覆っても水温が70℃以下で完全にオーバークール状態。。次からは全面を覆わ
ないと適正温度まで上がらないかも。。それにしてもホントすごいね、このラジエター(;^_^A


ちなみにスイングアームと干渉したタイヤはこんな感じで、削れて線が出来てました(汗)
手で触ると完全に段差があるくらいだったので、やっぱ200サイズは止めといた方がいいか
も。。


んで、後日、↑のタイヤ干渉問題があったので速攻でタイヤを200⇒190に戻しました。。

ウワサによると現在、最強タイヤと目されるD212(200サイズしかない)の外形はディアコル
よりも大きいそうなので、現在のスプロケやチェーンでは装着は難しそう。。ま〜でも、D212
は完全に上級者向きのタイヤらしいのでタイムが戻らない限りはピレリの方が良いっぽいから
大した問題じゃないけど。。


タイヤ外すとスイングアームには完全に干渉した跡と、タイヤカスがいっぱいでした。。チェーン
抜くのも大変なくらいだったから、干渉するのも納得な感じ。。(スイングアーム、クラック入った
りしてないよね・・)


というわけで、200サイズはお蔵入り。。
チェーンが伸びてきたらも一回試しに付けてみようかな〜。。


あ、そうそう、なんかヤマハ乗りには常識らしいけど、スタンドフックの位置が悪くてアクスルシ
ャフトが抜けない問題について、J−TRIPの対策品(V字フック)を買いました。。

というわけで、未だに試行錯誤中でライディングの方に専念できてないワケなんですが、ボチボ
チやっていこうと思います。。(だいたい今回ので落ち着いたと思うし・・来年はトミンあたり行っ
てみよっと)

おしまい

トップへ
トップへ
戻る
戻る