GSX‐R750 K9(K8)(L0) インプレッション(サーキット編)

さて、コチラはサーキットユーザ向けのインプレです。。
ま〜R750でサーキットを走るヒト自体が少ないと思いますけど、基本的にR600と変わらない
ので、R600を検討している方を含めて多少ご参考になれば思った次第です(;^_^A

んで、ココではバイク自体のサーキットインプレとサーキットユーザには欠かせないアフターパ
ーツの情報を中心に書きたいと思います。。公道向けはコチラをどうぞ(ほとんど書いてないけ
ど。。)

バイクインプレッション
 まず始めにサーキットにおいて750を選択する場合、基本的にタイムアタックを目的とした方
が良いと思います。。というのも、現在のレースカテゴリでは600ccが大半を占める740cc以
下のクラスと、750cc〜1000ccのクラスが主流であり、R750はレースにおいてはリッターク
ラスと競うコトになります。。しかし、R750のエンジン出力は排気量どおり600に近く、リッター
クラスとは全く勝負になりません。。コレはタイムアタックでは全く問題になりませんが、レース
になるとストレートにおいて決定的なビハンインドを負う事になるので、スタート直後マシン同士
の距離が近い状況では格好の餌食になってしまいます。。もちろん、トミンのようなショートサー
キットでは問題ありませんが、筑波程度の中速以上のサーキットでは顕著になりますのでレー
スに出る方はR600かR1000を選択した方がいいかと思います。。

 ちなみにK2のR750のインプレを書いた時はリッタークラスの出力は後輪出力で140馬力
そこそこの時代だったので、750にも関わらず130馬力近い出力を誇ったR750は単純なパ
ワー勝負でもそう引けを取る事もなく、それでいてその排気量から600ほど高回転を維持する
必要が無く、リッターほど暴力的なトルクがないので扱いやすく(つまり600は600の乗り方、
1000は1000の乗り方が求められるのに対し、どちらの乗り方にもある程度のタイム帯まで
は対応できる特性を持ち、乗り手が乗り方を強要されない)、結果としてソコソコのタイムを出し
やすいという点がありました。。
 しかし時代は変わり600と1000が著しい高出力化を遂げた現在においてはその出力特性
は完全に600のソレであり、600よりも多少中速が厚いという程度で、とてもじゃないけどリッ
タークラスにパワー勝負など望めなくなりました。。

 というわけで、今回書く内容は過去に書いたK2のインプレとは若干異なります。。コレはマシ
ン自体は進化しているものの、対600、対1000といった相対的なポジションが変化したことに
よるものです。。

 しかしながら上記はあくまで相対的な主にエンジン出力に関する評価であり、600に近い出
力とはいえ、当然ながら600は確実に上回っており(当然、リッターには圧倒的に劣る)少なく
ともタイムアタックには十分な性能と特性を持ち合わせています。。特に『エッジで走れ』のイン
プレなどではファイナルとタイヤ交換のみで筑波0秒台は十分に射程圏内と評価される程で、
他のSSが2秒、3秒の評価をされている点を鑑みれば、依然として全SS中屈指のタイムアタ
ックマシンである事は現在でも変わりないと思います。。(ただし、S1000RRに代表されるよう
な高出力、ハイテク制御マシンが巷に溢れた場合は一気に優位性は失われる気がするけど)

んで、前提がひじょ〜に長くなったので、このくらいで個別のインプレ。。

1.エンジン
 上記の通り、エンジン出力はリッタークラスとは勝負になりません。かと言って600に対しても
それほど大きなアドバンテージがあるわけでもありません。。600を相手にした場合、6速吹け
切りまでの領域ならともかく、5速以下では立ち上がりの開け方次第でひっくりかえる程度のマ
ージンしかないと思います。。一度、ほとんど同じタイム帯で走るハルクプロコンプリートのCB
R600を筑波のバックストレートで追走しましたが、少しずつ差は縮まるものの、リッタークラス
のように問答無用で抜けるようなものではありませんでした。。逆にリッタークラスには筑波でも
問答無用で抜かれるので、ストレートでリッタークラスを相手にすることは非常に難しいです。
んで、実際に乗る際には繰り返しになりますが、出力特性は600のそれであり、基本的に回し
て乗る必要があります。サーキットにおいては最低でも7500回転以上、できれば9000回転
以上はキープしないと思ったように加速してくれないという印象です。。あ、そうそう、あと熱的
にかなり厳しくて筑波みたいな直線の短いサーキットだとフツ〜にクリアで走っていても水温は
100℃程度まで上がってしまいます。。たぶんラジエター自体がR600と共通なので750の熱
量だとオーバーキャパなんだと思います。。真夏に走るんならモテギ並に直線が長いトコかビッ
クラジエターに換える必要があるのかも。。ま〜個体差もあると思いますが。。

パワーチェックのデータはコチラ⇒ GSXR750K9.JPG 

2.ポジション
 もともとマシンのターゲットユーザがストリートユーザなので、ポジションはフロントが高く尻下
がりの状態となっています。。このため、マシンは立ちが強く、初期旋回は思ったほどよくない
印象です。たぶん、本当に上手いヒトならこういったバランスの方が攻めやすい(曲がるのでは
なく積極的に曲げていくセッティング)のだと思いますが、一般ライダーは慣れるまで違和感を
感じる気がします。。あと、最近のSSはどれも同じだと思いますが、着座位置というかマシンへ
の入力するポイントが意外と狭い気がします。。特にボクは前に乗っていたのが大柄なK3のR
1000で、このマシンはとにかくタンクが大きかったので自動的に後ろ乗りになって、自分で選
ばずともある程度ポジションが決まる感じだったのであまり乗る位置を気にしなかったのです
が、R750はポジションがコンパクトで、乗り位置が選べるのでしっくりくる乗り位置を見つける
のに時間がかかりました。。ま〜コレは乗り手のクセでもあるので、ボクだけかもしれないです
が。。

3.ブレーキ
 基本的に問題なしです。。個人的には純正パットで十分ですが、相当なレベルまでパット交換
のみでいけると思います。。

4.コーナリング 
 個人的にライダー次第と思います。。少なくともマシン的なビハインドは全くありません。。サ
スペンションについてもフロントは若干柔らかめですがリアはかなり硬いので、相当なレベルま
ではノーマルで問題はでない気がします。。

5.アフターパーツ(主にレースシーン必要パーツ)
・レースカウル
 KDC,クレバーウルフ(いずれも2ピース)などで出ています。。クレバーのほうが若干高いけ
ど、ネジ穴まで無修正で換装出来るそうなので、お金に余裕があるヒトはコチラがオススメ。。
個人的には3ピースのカウルの方がクーラント交換とか楽なので、コレがあれば一番かも。。
見かけた事はあるんですが、ドコで取り扱っているかボクも知らないので、知っているヒトは教
えていただければ幸いです。。

・マフラー
 レースカウルを装着する上で触媒がジャマになるので、大抵の場合強制的にマフラーを換え
る必要が出てきます。。おまけに知る限りのラインナップではスリップオンは触媒以降を交換す
るタイプしか出ていないので、選択肢はフルエキになります。。んで、スズキ車なので基本的に
ヨシムラを選んでおけば問題ないと思いますけど、個人的なオススメはUSヨシムラ。。価格は
ヨシムラの半分以下だし、製品としての精度も問題なく馬力もフツーにでるのでボクはコレを使
っています。。

・ECU
 オートシフターを入れるなら選択肢として有名なのはEMPROかパワーコマンダーが選択肢
となってきます。EMPROは通常、レース用ハーネスを使用するため公道車には使えません
が、KENZやブライトロジックでストリート仕様の取り扱いがあるので公道も乗るという方はコチ
ラに相談するといいかもしれません。ちなみにボクもストリート仕様でやってもらいました。。パ
ワーコマンダーは純正ハーネスで使用可能ですが、標準で付いてくるマップは製作元が高地で
セッティングしている事もあり比較的薄めとも聞きますので、信頼できるプロに燃調を取っても
らった方がいいような気がします。。ちなみにどちらもカンタンにマップを変更できますが、素人
がカンペキなセッティングを出したという話を聞いた事がないので、個人的には標準マップに満
足しない方は始めからショップに依頼しちゃったほうが早い気がします。。

・ステップ類
 標準のステップでもポジションチェンジできるのでノーマルでも走る分には問題は感じませ
ん。。簡易スタンドもノーマルステップで若干不安定ながら使用できます。。ただ、ボクはステッ
プの剛性なるものを一回も感じた事がないので、感じた事がある方は換えてみてもいいかもし
れません。。

とりあえず、こんな感じでまた印象が変わったり、気付いた事があれば追記します。。
なお、当然ながら上記はボクの個人的な主観によるものですので、内容は一切当てに出来ま
せん。。マシン選択はあくまで自己責任でお願いします。

トップへ
トップへ
戻る
戻る