10年8月7日 筑波サーキット A1 B1 B2

 いや〜行ってきました、筑波へ。炎天下の中。。
 本当は暑いのがとにかく苦手なので、猛暑日の中、革ツナギ着て内燃機関付のイスに座って
動き回るのなんてゼッタイ無理!という感じで出来ればしばらくお休みしていようと思っていた
んですが。。今年の筑波のフリー走行のカレンダーを見ると9月のTTまで土日のB枠がこの日
しかないので、この日に走らないと前回のTTから練習無し&3か月バイクに乗らずに9月のTT
突入という事態になってしまうので、いっちょガンバローと行ってきたワケです。。


この日はみっち〜さん確保のピットに入れてもらいました。。
みっち〜さん、ホントありがとう!たぶん駐車スペースだったら熱中症で倒れてたと思う。。


さらにみっち〜さんは夏アイテム(業務用扇風機)を投入していて、コレもと〜っても助かりまし
た!やっぱ業務用は違います!ツナギの上からでもちゃんと風を感じるくらい風量がありまし
た。。う〜ん、めっちゃ欲しい!けど、もうトランポにスペース無いんだよな〜。。


んで、さっそく走行編

・今日の練習課題
 正直、TTまでほとんど乗れないので現状維持を優先しようかな〜とも思わなくもないのです
が、うまくいかなきゃ戻せばいいやと軽く考えてちょこっと試してみます。。
 
 んで、お題というのはズバリ、ライン取り。。
 
 ちょっと前から悩まされているバンク角依存症の対策として、先日、リーンウィズのTさん改め
たいちさんにライン取りについて教えてもらっていたので、ソレを試してみたいのです。。
 具体的にいうと、そもそも3秒台程度のタイムでステップを擦るほど寝かしているのはおかし
い。。おそらくラインに無理があって、窮屈なラインをバンク角でカバーして走っているのが原因
だろうとアドバイスを頂きました。。
 んで、思い返してオンボードとか見てみると確かにボクのラインはブロックラインと見間違いそ
うな程、アウト側を余して進入している。。
 つまり、バンク角を深くしている原因はラインの辻褄合わせにあるので、ラインに余裕を持た
せれば自然と常識的なバンク角に戻るだろうというワケです。。
 というわけで、今回はちゃんとアウト一杯からアプローチをするラインを試そうと思います。。

・で、1本目(A1)
 6月のTT以来、1ヶ月半バイクに乗ってないので、練習は置いておいて、とりあえず目慣らし
でA枠を走行。。
 んで、内容の方はというと、目慣らしは出来たけど、なんか恐ろしいラインを取るヒトや黄旗見
た瞬間に急減速したり、かと思えば黄旗にまったく気付かず抜いていくヒトがいたりして、短時
間で何回も怖い思いをしました。。
 ま〜ある意味、周りのバイクの動きを見る練習にはなったけど、あまりにリスキーな感じなの
で、いくら走行枠が無くてもA枠を走るのは止めようと思ったのでした。。

・2本目、3本目(B1、B2)
 んで、ココからが本番。。練習課題を試してみます。。

 別にアウトから進入することは当然そんなに難しいことじゃないので、できるといえばできる感
じ。。でも、当然今までのラインより走行距離が伸びるので、同じブレーキングポイント&同じリ
リースポイントだとブレーキを掛けている時間が長くなるから止まりすぎて失速してしまう(特に
1コーナー、2ヘア、最終コーナー)。。
 おまけにこの日はとにかく暑くて、エンジンも元気がなくて、全然スピードが乗らないから自然
と進入速度自体が低くなってさらに止まり過ぎてしまいます。。

 じゃーブレーキングポイント自体を奥にすれば失速を防げるのでは?と思って、もちょっと突
っ込んでみると今度はターンインのタイミングが遅れて、メチャクチャ遠回りなラインを走るハメ
に・・・う〜む、なかなかカンタンにはいきませんの〜。。ただ、ペダルは擦らなくなったので方向
性は間違いない感触。。まだペースが遅いから完全比較はできてないけど、今までの「なんと
かグリって曲げてきた」トコが無くなっているので、しばらくはこの方向で練習していこうっと。。

 あと、ボク自身にも問題があって、1月半乗って無かったのと暑さでヘロヘロになっているの
と合わせて、各操作がワンテンポずつ遅くなっていて、機敏な操作ができていない。。
 さらに久々なせいか、減速Gとかに対してもビビりが入っていて、以前だとフロントがウニウニ
する位までブレーキ引きずってもなんとも思わなかったけど、今日はイマイチそこまでいけず、
ダンロップ下とかヌルイブレーキングで、「アレ??ココってこんなヒマなトコだっけ?」みたいな
自分でもビックリするトコがチラホラあったりしました。。

 んで、タイムの方はというと上みたいな感じに加えて、選手権終わって一般ライダーが多くな
ってタイムアタックモード時にクリア取れなかったり、妙なトコでリッタークラスとバトルしちゃった
り(コレはTT向けの練習という感じで勉強になりましたが。。)して、結局3秒台には入らず4秒
3で終了〜。。
 ひさびさだし、猛暑だし、練習の日だし、こ、このくらいで十分やろ!?と自分に言い聞かせ
てみましたが、さすがにTT前の最後の練習で3秒台にすら入らなかったのはちょこっとヘコん
だのでした。。(その後、家に帰ってLAP+でクリアラップを繋いだら3秒6までは出ていたので
少しだけ安心しましたけど・・)

 ま〜でも、この日は知り合いも多かったし(みっち〜さん、おんどさん、シゲさん、 アンド_k0
さん、あと今日ご挨拶させてもらったジョン19さん)、暑さでヘロッヘロだったけど久々にバイク
に乗れて楽しかったし、練習もたくさん出来たのでよかったよかった。。お盆休み初日でいい感
じのスタートが切れてとっても充実した1日でした。。


写真とかいろいろ


 みっち〜さんのマシンは前のVFR同様だんだんハンドメイド色が強くなってきて、速そうなオ
ーラがビシビシでてました。。
 本人も乗れているし、現状でもタイヤ新品でクリアで走れば3秒台には入りそうな感じ。。若い
からこの猛暑の中でも元気だし、うらやましいの〜(^-^)
 ちなみにこの日はR6に跨らせてもらいましたが、とにかくポジションがコンパクトで(オフセッ
トすると外足の膝と肘がぶつかるくらい)、コレに比べたら自分のR750は完全にツアラーな感
じで、生粋のSSと中途半端にストリートユースを意識したと甘チャンSSの差を思い知らされま
した。。
 さらにハンドルを動かした時の抵抗もみっち〜さんのR6の社外ステダンはウルトラスムーズ
に動くのと比べて、R750のなんちゃって電子制御ステダンは動きが渋いどころか、動かない
(笑)レベルで、試しにR750に跨ったみっち〜さんも「コレ、シンドくないですか??」
とビックリしてました。。え〜メッチャシンドいです・・オモクソ倒し込みが重くてとっても疲れます・・(-_-;)

(photo by みっち〜さん
この日は知り合いも多くて、とにかくおしゃべりしまくりでした。。
写真はピットインしてきたおんどさんとじゃれているトコ(笑)

ちなみにおんどさんにはTTのピットクルーをお願いしちゃいまいた。。
おんどさん、お引き受け頂きありがとうございます!宜しくお願いしますm(_ _)m


そうそう、先日買ったガンダムマーカーでリアイニシャルにマーキングしました。。
実際はこのままでステップを擦らなくなったので、イジってませんが、ドコにでも書けるのでホン
ト便利なアイテムです。。


一瞬で汗だくになるので、インナー含めてツナギは空き時間に干しておきました。。
なんとなくシルエットが怖いけど(笑)

んで、走行後はみっち〜さんとご飯をを食べてリーンウィズへ。。
リーンウィズでもこの日、L枠で転倒しちゃったR6のヒト(怪我がなくて何よりです。。)とそのお
友達が来て、筑波ネタで盛り上がって、とにかくこの日はおしゃべりしまくりでした(^-^)

というワケで楽しい一日でした。。おしまい。。
トップへ
トップへ
戻る
戻る



備忘
FIN:H⇒4
FT:H⇒1・3/4
FC(低速):H⇒2
FC(高速):H⇒1
RIN:H⇒182.3mm(STD)
RT:H⇒3
RC(低速):H⇒1(STD)
RC(高速):H⇒3(STD)

タイヤ ディアブロスーパーコルサ(温感F2.1、R2.1) 使用1.75時間
スプロケ 15−44
ガソリンは警告灯