10年8月29日 もてぎ7時間耐久レース

いつもお世話になっているリーンウィズが参戦しているので、たまには恩返しせねばということ
でお手伝いにいってきました。。


というわけで、もてぎに来ております。。

しかし、なんと朝にまさかの集合時間遅刻・・・
お、恩返しするハズが・・・すみませんm(_ _)m

ま〜それはのちのち返していくとして。。


こちらがリーンウィズRTのピットです。。
もてぎはピットがメチャクチャ広くて、モニターもあるし、筑波とは大違い。。


網の移動式の仕切りとかもあるし、やっぱ国際格式はちょっと次元が違う。。
もてぎに比べたら筑波はトミンに近い気がする(笑)


朝の全体ブリーフィング。。ライダーは全員来ているハズなのになんか少ないです。。

というのも、もて耐マスターズの出場チームは年々少なくなってきて今年は25チームしか出場
していないそうです。。そんなワケなので来年でマスターズクラスは廃止みたい。。


でも、ブリーフィングにはキャンギャルも来ていました。。足なげェ〜な〜。。


車検場持ち込みの風景。。耐久レースらしく交換するタイヤや転倒時に交換する予備のマフラ
ーまで車検を受けます。。

ちなみにレース検は事務局でOKなものが車検場でNOと言われたり、ウワサに聞くモテギ車
検の暴君ぶりは本当でした。。この日も音量検査を後回しにされてあやうくスターティンググリッ
トに間に合わないトコでした。。


とはいえ一応間に合ったスターティンググリット。。
グリットについた後はけっこう和やかな感じで、あんまり緊張感がない(笑)

ちなみに第一ライダーはバイクオニさんが担当。。、続いてたいちさん、ko-kiさんとなりま
す。。


んで、ボクはというと毎周モニターを見てラップタイムから燃費を計算する係をやっていまし
た。。これが結構大変で7時間休み無しでモニターも高い位置にあるので、マジで首がヤバいく
らいカチコチに。。


耐久レースならではの給油シーン。。
リーンウィズはタイヤ交換2回の6回ピット作戦。。実際はトラブルで緊急ピットインも2回あっ
て、ある意味耐久レースらしい展開でした。。

仮にトラブルなくルーティン通りに走行できていれば上位にいけた可能性も高かったので、ちょ
こっと残念でしたが、コレもレースの醍醐味だし、転倒なく無事にゴールできたので良かった良
かった☆


ちなみにゴール直前でガス欠になってしまってマーシャルに押してもらってるチームもありまし
た。。ゴールまでの間、他チームも一緒になって大拍手で迎えられて大盛り上がり。。


こっちはゴール後、上位入賞車両が保管されているパルクフェルメ。。
やっぱり基本は有名レースショップ系が上位を独占している感じ。。


リーンウィズRTはというと、なんとベストデザイン賞を受賞!
本当におめでとうございます!


感想

とま〜カンタン(写真並べただけ)に書いてしまいましたが、実際に耐久レースを見た感想は
『耐久は敷居が高すぎる!!』というのが第一の感想でした。。
事前の準備、装備、段取り、どれをとってもスプリントの比ではない感じで、ある程度のノウハ
ウを持ったショップじゃないと、とてもじゃないけど参戦できない感じ。。少なくともラブピー耐久
みたいな感じでライダー数人が集まって出てみようか、みたいなノリでは厳しい気がします。。
ここらヘンが参戦チームが減少していく理由のような。。

あと、チーム以外もライダーの消耗があそこまで激しいものだとは思いませんでした。。
普段はレースとか見ると『いつかは出てみてェ〜な〜』と思うのですが、もて耐に関しては『ライ
ダーとしてはムリ・・・クルーが限界かも』と感じるくらいちょっと別次元だったいうのが正直な印
象です。。とはいえ、耐久ならではの盛り上がりや楽しさは確実に存在するので、来年も応援
に(笑)行きたいと思います。。

リーンウィズのみなさん、お疲れ様でした。。

おしまい
トップへ
トップへ
戻る
戻る