10年9月5日 筑波BS走行会

TT直前ではありますが、なんとBSがタイヤ(新型BT003PRO)&走行料無料のライディング
スクールを開催するというので、筑波に行ってきました。。


タイヤは無料で前後プレゼントという信じられないサービスぶり!
そんなワケなのでなんと参加台数は160台オーバー。。


そんな激混みの走行会でしたが、連日の酷暑で青空ピットはマジでヤバいと思ったので、3時
出発して4時筑波着。。なんとかピットを確保しました。。お隣は同じFクラス(1000t ラップタ
イムが1分2秒〜3秒)のおんどさん。。

あと、今回はライディングスクールということで全日本ライダーがインストラクターでたくさん来て
ました。。ショップマシン持ち込みで。。


というワケで、こちらはハルクプロのマシン。。


こちらはエスパルスドリームレーシングのR600.。メチャクチャかっこいい!!

 
このシートストッパーとタンクカバーはぜひ真似したい。。


ハルクプロのマシンにはなんと!しにちなかお特許が使われておりました(笑)


というわけで、ちょー豪華インストラクターが集結。。ホントにBSさんマジだね。。

んで、今日のメニューですが。。

1本目・・・先導によるライン指導&フリー走行
2本目・・・フリー走行(イントラ追走)&その後座学
3本目・・・同上

という感じで、まさにスクール。。BSさん曰く、『タイヤも走行料もタダだから、とにかく普段なか
なか出来ない事をやってみて下さい。。そして新しいBT003PROの感触を確かめてこのタイ
ヤ買ってください』というコトでした。。つ〜か、すごいね、BSさん。。マジで。。


というわけで、一本目の先導周回の様子。。


こちらはハルクプロの小西選手。。
カメラ向けたら笑顔でポーズを送ってくれました。。ホント、今日来たイントラの方々は親切な方
ばかりで、いろいろお話しできて楽しかったです。。


というわけで1本目走行

先導付きで交代でイントラの後ろでラインを見る流れ。。BT003PROを履くのは初めてなの
で、サスのセッティングをSTDに戻して走行開始。。
先導のイントラはもちろんタイムを落としているので(10秒くらいまで)、追走でちぎられる事は
ないのですが、当然ながら同じスピードで同じラインを走っていても向きの変わるポイントがイ
ントラが圧倒的に速いので、微妙にラインを外してしまう感じ・・やっぱプロはハンパじゃないの
〜。。とはいえ、ここら辺の展開は読んでいたのでしっかりオンボードで撮影して今後の勉強ネ
タに活用していこうというのが真の狙いです。。

んで、とりあえず追走した印象としては思っていたよりも遥かにクリッピングが奥だった事とと、
ラインのイン付きのレベルが尋常じゃないというか、例えばダンロップ立ち上がりとか、ライダ
ーは完全に芝生の上で、コースの上には車体どころかタイヤしか残ってなくて、実際にあれを
やったら絶対コケると確信するほどプロライダーの凄まじさを垣間見れて、貴重な経験でし
た。。

BT003PROの印象はというと、路面温度がとんでもなく高い&ほとんどクリアで走れなかった
ので、あんまり分かんなかったけど、とりあえず4〜5秒くらいで走った印象ではあんまりピレリ
と変わらないような印象。。
ただ、BSのヒトが『劇的に小中荷重の回頭性が上がって、ブレーキリリースを早めて旋回する
と良い』という事を言っていたので、試してみたものの、1コーナーとかふつーにオーバーランし
たので、少なくとも従来の003のような『旋回のためのブレーキング』は減ったかもしれないけ
ど、『車速を落とす為のブレーキング』は当然ちゃんと必要な感じだったので、説明通りハーフ
キャンバーでブレーキリリースはちょっと厳しい印象。。
たぶん3秒程度(そもそもが小中荷重で乗ってるレベル)くらいであれば、ピレリの乗り方でマッ
チするんじゃないかというのが個人的な感想でした。。あと、ピレリに比べるとやっぱりちょっと
硬いかな〜、滑り出しもいきなり来るような・・路面温度高すぎて内圧も相当だったので、もう少
し現実的なコンディションじゃないと分からないけど。。


1本目座学

座学ではオガタさんが講師で、ライン取りやタイヤの特性とかセッティングの方向性とか丁寧に
解説してもらいました。。とりあえず周囲の1000ccライダーと質問が被る部分はその場で質
問して、750的な部分は座学の後に個別に質問しに。。

んで、兼ねてより疑問だった750は1000と600どっちの乗り方がいいのか聞いてみまし
た。。んで、お伺いするとやっぱり750は600の走り方が正解で、基本的には600のネガな部
分を消したのが750なので、乗り方は一緒というお話。。
あと、自分はステップやマフラーを擦ることがあるんですが・・と聞いてみると、おそらくリアのハ
イコンが効いていないのではとのコト。。
う〜む、ハイコンかぁ〜、そもそもリア周りのセッティングはまったくと言っていいほど触ってい
なのでコレは盲点だったかも。。次の走行で変えてみることにしました。。


んで、2本目の走行

この走行枠ではとりあえずサスをイジるのが目標。。んで、セッティング変更は1箇所ずつとい
うセオリーに基づいて、最初にさすがにSTDではノーズダイブが激しかったフロントのイニシャ
ルを少し締めてみて、その後に先ほど教えてもらったリアのハイコンを締めてみる作戦としまし
た。。(今思うと優先順位を完全に誤っていた・・イニシャルなんかほっておいてさっさとハイコン
を触っていれば・・・コースインの時にオガタさんが見に来てくれて、リアサスを実際に押してくれ
て『やっぱり相当柔らかい』とも言われたので、十分な情報も得られていたのですが・・)

んで、コースイン後、とりあえず軽く2回転ほど締めてみたFIの感触を見つつ、徐々にペースア
ップ。。今までのセッティングより柔らか目だけど、特に問題ないな〜と感じたのでとりあえずも
ちょっとペース上げてみるかと思っていると、オガタさんがペースダウンしているのを発見!!
どうやら自分を待っていてくれた様子!!やった!こんな機会めったにねー!とテンションが
一気に上がって、とりあえず自分の目一杯のペースで走行開始しました!

んで、次の周には4秒台、さらにもちょっとペースを上げようと頑張っていると、今度は前に詰ま
ってしまいました。。このクラスは基本的に1000ccのクラスなので750の自分は多少のペー
ス差では簡単には前に出れません。。う〜ん、貴重な時間なのに・・・ちょこっと無理にでも入ろ
うかと思ったトコで、2ヘアでオガタさんが前に行ってくれてました。。よっしゃ!コレでオガタさ
んが前に出るタイミングでごっつぁん抜きしよう♪とか思ったのですが、オガタさんが1コーナー
で余裕で抜いていくのに付いていけず・・(泣)やべータイミング逃した・・とちょこっと焦る・・・た
だ幸いにも1コーナーで前のライダーにビタ付けできたので、S字でのカウンターアタックでなん
とか前に出ることが出来ました。。

うしっ!!これであとは追走するのみ!ってテンションが一気にレッドまで達して、2ヘアに進入
したトコで、やっぱりというか、こういう時に必ずある落とし穴にキッチリハマった感じでスリップ
ダウンで転倒〜(泣)夢のような貴重体験走行は、まさに夢と消えてしまったのでした。。


んで、その様子。。
後ろにいた方、目の前で転んでしまい申し訳ありませんでしたm(_ _)m


その後、帰ってきたバイクはこんな感じ。。


とりあえずカウルがズサー。。


フットペグが若干曲がった。。


マフラー凹み。。とはいえ、ムダに大きいUSヨ○ムラマフラーは車体の大部分を支えてくれた
みたい。。ま〜とはいえ、焦げ跡からみて転倒のきっかけになったのもマフラーの接地っぽい
のですが。。とりあえずUSヨシムラの転倒耐性の高さは立証されたっぽい。。


カウルは一番接地したトコが穴あいてしまった。。


ツナギは両腕に転倒痕が・・・


そして一番ショックだったのがコレ!!!?
せっかく文字入れしたのに一日でキズモノになってしまいました・・
とほほ、お浄めにしてもダメージでか過ぎ・・・(泣)

ただ悪いことばかりじゃなくて、転倒後すぐにオガタさんが来てくれて、いろいろとお話をさせ頂
きました。。特にリアサスに関しては後ろから見ていても、やっぱりコース上の凹凸で振られて
いて、マフラーも明らかに接地しそうな感じだったそうです。。
んで、その後さらにありがたい事に、GSX−Rについて誰より詳しいというエスパルスドリーム
レーシングの監督さんも呼んでくれてリアサスを調整して頂きました!
ちなみに調整前のリアサスはバネは効いているけど、ダンパーは全く効いていない感じで、沈
む時も伸びる時もスピードが変わらず、やっぱりアブナイ状態だったみたいです。。

その後は3本目は走れなかったものの(ホントは調整してもらったリアサスの感触をみたかっ
たけど、もう一回コケたら間違いなくTTアウトなので大事をとって)、監督さんともいろいろお話
ができて、GSX−R特有のセッティング方向性、草レーサーにおススメのパーツ、裏情報(笑)
などなど本当に貴重な情報を教えていただきました。。


んで、その後はおんどさんに手伝ってもらって、ガソリンスタンド横でマシンを清掃。。
おんどさん、本当にありがとうございました!!m(_ _)m


まとめ

いや〜本当にいろいろあったけど、収穫も多くてメチャクチャ充実した一日でした。。
転倒は残念だったけど、その後、オガタさんや監督さんといろいろお話できて、これはこれで貴
重な体験だったので、本当によかったと思います。。

オガタさん、監督さん、開催してくれたBSには本当に感謝です!
ありがとうございました!!


オガタさんと記念写真!
全日本がんばって下さい!応援しています!!

おしまい

トップへ
トップへ
戻る
戻る