10年10月1日 筑波サーキット B2 B3

この日は会社の創立記念日で休みだったので、久しぶりに平日のフリー走行に行ってきまし
た。。そういや去年も10月1日にサーキットにいたっけ。。フツーのサラリーマンにとって平日
休みを取るのは大なり小なり抵抗があるので、こういう大々的に休める平日休は貴重です。。

とはいえ、今年はもうレースもないのであまり気負う事もなく、純粋に(?)走るのを楽しみに来
た感じです。。そう、フツーのヒトが打ちっぱなしに行くような気分。。


つーわけで、ボヘボヘとゆっくり筑波に来たので、久々に駐車場で準備。。

でも、周囲を見ると選手権前日だった事もあってフツーに殺伐系のヒトが溢れていました。。走
行枠の度にタイヤ換えるヒトとかまるで峠小僧並にツナギがボロボロのオジサンとか。。


んで、当日の天気はというと、前日というか、当日の朝まで絶望的な天気だったので午前中は
結構微妙な空模様。。ただ、その後天候は回復してかなりいい感じのコンディションになっ
た。。


でも、朝一の走行枠(B1)の時はまだハーフウェット。。
当然、ムリするとこじゃないので、あっさり走行は見送り。。実際、走行台数はホンの2,3台
で、そのうち見たことある3秒台のヒトも10秒くらいで終始走っていたので多分、この判断は正
解だったはず。。

というわけで、1本目の走行を見送って2本目までに時間があったので、タンクパットを盛って
みて、ライディングポジションを少し変更してみる事にしました。。

なんでいきなりライディングポジションかというと、現在、どうやらボクは相当な前乗りになってい
るようで、しかもちょこっとリーンアウト気味に乗っていることが走行写真とか、周りの人からの
アドバイスで判明しておるのです。。
んで、その結果として、シート前部の一番絞り込まれた部分でオフセットするので、オフセット量
が非常に少なく(ほとんどリーンウィズ状態)なっていて、それでもなんとか旋回させようとバンク
角を上げることで辻褄を合わせている。。で、コレがバンク角依存症の原因であるというワケで
す。。

そこでまず、少しポジションを後ろにズラすことでシート幅の広いトコでオフセットをとるようにし
て、自動的に大目にオフセットできるようになったらいいな〜。。というのをやってみようと。。

さらにそれに慣れたら、旋回中は体をなるべくイン側に入れるようにして、旋回性を損なわず
バンク角を減らせるようにしたいな〜と。。

ま〜ちょうどオフシーズンでタイムはしばらく気にしなくて済むので、じっくり時間をかけて練習し
ようと思っております。。(ライディングフォームとポジションの変更は相当に大変とよく聞くし・・)

んで、話は↑に戻りますが、ポジションをズラすのに代表的な方法は2つあって、一つはタンク
パットを盛る方法。。コレはカウルメーカーから一部の車種はパーツが出ているので(K9以降
のR750(600)は何故か無いけど・・)大抵こちらを選択しているヒトが多いと思う。。
もう一つはシートストッパーを付ける方法。。こちらはオフセットした際にシートストッパーにお尻
が当たるのを確認する事で正しいポジションに乗るようにするやり方です。。

で、今回はとりあえずで前者のタンクパットの方法をやってみようと思います。。なんで、前者か
っていうと単純にどのくらいポジションを変更するかが分かりやすいからと、それなりに忙しい
筑波だと強制的に『前に乗れない』方法の方がいいかなと思ったので。。

んで、さっそくシートの加工に取り掛かるわけですが。。


ちなみに現状はこんな感じ。。


コレをこんな感じで盛ってみました。。
ちょこっと形がヘンだけど、とりあえずテストなのでヨシ。。


だいたい5センチ程度はポジションがバックする計算。。


んで、さっそく1本目(B2)走ってみた。。

まず、ポジションが5センチも変わると跨った時点で相当な違和感を感じて、ターンインでバイ
クから転げ落ちないかちょこっと不安に(笑)
ただ、コースインしてみると違和感はあるけど、走れないほどじゃない感じ。。ま〜シートの上に
乗ることには変わらないので当然だけど。。

んで、少しずつ気を付けながらペースを上げいくと、まず初めにブレーキング時の安定感が向
上しているのを実感。。以前のフロント過荷重ぎみな感じが減少して、つんのめるような車体姿
勢が少し緩和されてる。。あと、それに伴ってターンインが少し軽くなった。。

ただ、3秒台くらいにペースが上がってくると、特にS字みたいな忙しいセクションでオフセットが
足らなくなって、普段はお尻半分くらいをシートからズラしているトコが太ももの付け根位までし
かオフセット出来なくて、まさにリーンウィズ走行になってた。。
ここらヘンは慣れるまで意識的に大きくオフセットする事を心掛けて、あと筋トレとかも必要な
感じ。。今思うと以前のポジションは非常に省エネ(ライダー動かさないでバイクだけ動かすみ
たいな。。)だっと実感。。

とはいえ、ポジションを変えた感触としては、タイムにはすぐには反映されないものの、可能性
をひしひし感じるので、やっぱこの方向でトライしてみよう。。


2本目(B3)

走行前に翌日の選手権の特スポで来ていたko−kiさんにオフセットの仕方について教えても
らいました。。ko−kiさんの走り方は個人的に目標としている走り方で、とにかく操作がスムー
ズでムリ、ムダが無く、それでいて恐ろしく速いという憧れるライディングなので、本当にありが
たいです。。というか、以前からもそうですが、ココ最近は特にGPSの分析とかイロイロ教えて
もらっているので、ホント、ko−kiさんには頭が上がらないです(;^_^A

それでko−kiさんには主にオフセットの取り方、段取り、体の入れ方(正確には体を入れると
いうより、下半身のオフセットに合わせて上半身が入る)を教えてもらって、2本目の走行開
始。。

んで、走ってみると、教えてもらったフォームはまだまだ完璧には出来ませんでしたが、何回か
に1回決まった時に、今まで感じた事が無いくらい下半身で体重を支えることが出来て、特にコ
ーナー中盤以降ですんごく車体が安定するようになって、体得したらエライ武器になりそうな予
感をビシビシ感じました。。

あと、それに合わせて、GPS分析結果を踏まえて進入を抑え目に、立ち上がり重視の走り方
をしてみたら、それまでトップスピードは217`前後だったのが、223`まで上がってこれまた
ライディングフォーム、走らせ方の重要性を改めて実感したのでした。。


まとめ

というわけで、オフシーズン初日から目標が見つけられてとっても充実してて楽しい一日でし
た。。
今日試したポジション、フォーム、走らせ方をしっかり体得できれば、もちょっとタイムもイケそう
な予感がします。。


ko−kiさん、ありがとうございました!明日の選手権、がんばって下さい!

おしまい
トップへ
トップへ
戻る
戻る



備忘
FIN:H⇒3
FT:H⇒1・3/4
FC(低速=マイナス):H⇒2
FC(高速=六角):H⇒1
RIN:H⇒182.3mm(STD)
RT:H⇒2・1/2
RC(低速=マイナス):H⇒1(STD)
RC(高速=六角):H⇒1・7/8(STD)

タイヤ ディアブロスーパーコルサ(温感F2.1、R2.1) 使用1.5時間
スプロケ 15−44
ガソリンは警告灯