11年5月5日 筑波サーキット B1 B3

 前回はタイヤが○○(製造元からの依頼で非公開とします)しちゃって15周で撤退した筑波
ですが、当月予約が上手くいって走行枠が取れたので、リベンジしに再びいってきました。。
 (みっち〜君さむ。さんしにちなかおさん、写真ありがとうございました!)


この日もみっち〜君のピットに入れてもらってホント助かりました。
(みっち〜君、毎回、ホントありがとー!!)

ちなみに知り合いはみっち〜君さむ。さんしにちなかおさん、アンド_k0さん、カタギさん。。
あと、リーンウィズ繋がりの方が数名(すみません、お名前聞くの忘れてしました・・)



んで、今回のメインテーマは冒頭にも書きましたが、先日○○(製造元からの依頼で非公開と
します)して新品交換となったR10のテスト。。正直、ディアコルから履き替えてベスト更新した
という話を聞かないのであまり期待はしてないんだけど、単純に違うタイヤがどんなもんか興味
があるのでリトライしてみようと。。


というワケでさっそく走行編(B1、B3)

・R10の印象

 新品交換したとはいえ、前回の事があるので慎重にコースイン、最初はペースを上げず、7
〜8秒で様子をみて、5周回ってピットに帰ってきてタイヤを見ると剥離はないので、とりあえず
今回のは大丈夫っぽい。。


今回は○○はなく、アブレーションも出ず特段問題なし。。

 んで、その後は少しペースを上げてタイヤの感触の違いを探ってみます。。まず、ディアコル
から履き替えた所感としては、イマイチ曲がらないというか、曲がるポイントが違う印象。。
 ディアコルの場合、ブレーキリリース後にかなり舵角が入って一気に向きが変わるけど、R1
0はブレーキした時からかなり強い舵角が入って、でもブレーキリリース後にそれほど向きが変
わらないというか2テンポくらい待って向きが変わる感じ。。

 イメージ的には
  ・ディアコルはブレーキリリース後に一気に向きが変わる。
  ・R10はブレーキを握った状態で曲がり始め、ブレーキリリース後そこそこ曲がる。。
  という印象かな〜。。

 なので、ディアコルと同じように乗ると、向き変えのポイントがズレて、立ち上がりのラインが
外れてしまう。。

 そういえば002を履いていた時もブレーキ握りながら一気にインに切れ込んでいく走らせ方
をしていて、進入も立ち上がりも鋭角的なラインを取っていたので基本的な特性は変わってい
ないのかも・・(逆にディアコルに履き替えた時は曲線的なラインを取ることを意識していたっ
け。。)

 とはいえ、セッティングも走らせ方もディアコルのままだし、お世辞にも乗れているとは言えな
い状態でタイムもギリギリ4秒台に入る程度なので、正直インプレなんて語るのは気が引ける
というか自信がないので、上のはあまり参考にしない方がいいかも・・


タイムはかろうじて4秒台。。結局、2本ではイマイチ使い方が分からんかった。。
走らせ方も含めてもちょっと練習が必要っぽい。。

・一方、なぜかトップスピードを更新

 タイヤとは多分関係ないと思うけど、この日はやたらとストレートスピードが伸びて裏ストレー
トのトップスピードが226`に到達。。
 去年、3秒台で走っていた時と比べると体重も10キロくらい増えているので、減量すればリア
ルに230`いけるような・・ま〜この日は気温が低かったのでエンジンが良く走ったし、あと、
無理やりタイヤに結び付ければ、ディアコルと比べると硬いタイヤなので加速時のリアタイヤの
潰れが少なくて転がり抵抗が少なかったのかも。。走り方も去年と比べて2ヘアの奥で向き変
えて全開区間を長くするようにしているし。。
 ま〜なんにしてもトップスピードが伸びればパッシングの引き出しは増えるので引き続きこの
方向で試してみよう。。

・そのほか、引き続きフォームの変更を少々・・

 冬から延々とあ〜だこ〜だやっていますが、この日も知り合いのフォームを参考に姿勢を低
くとか、体をインに入れるとかやっておりました。。
 正直、ペースが上がってくるとスカッと頭から消えてしまうのだけど、ま〜継続はなんとかと言
うので、引き続きガンバリマス。。


ストレートでも姿勢が高くてゼンゼン攻めてるように見えないとよく言われるので、この日は頑
張って伏せてみました。。まだ全然高いけど、これ以上伏せると肘が膝にぶつかってしまうんだ
よね〜、やっぱ乗ってるトコが前過ぎるんだろうな〜。。


あと、特に右コーナーで体がインに入れられない感じ。。


できればアンド_k0さん↑くらい体をインに入れてみたい。。
でも、目線が下がるのでなかなか怖くて出来ないんだけど。。

・その他モロモロ。。

 ・とにかくメチャ混み。。


 この日はテイスト前でとにかく混んでいたので、走行時間の途中からレコードラインに戻る時
にとにかく気を使いました。
 個人的には、フラフラっとラインに戻っていって追突されるって恐怖心が強いので(自分がや
られて怖い時もあるし・・)しっかり後ろを確認できる&すぐにレーシングスピードまで加速でき
るポイントでしか戻らないようにしているんだけど、タイミングが悪いと2周くらいかかってしまい
ます。。いい加減慣れても良さそうなもんだけど、未だにうまくならないんだよね〜。。

 ・走行枠の空き時間が4時間・・・

B1とB3が4時間も空いていて、けっこうヒマだった。。
というわけで、同じく4時間以上空き時間があったさむ。さんとみんなの走行を眺めたり↑。。

 とま〜こんな感じでR10は今回初めてちゃんと走ってみたけど、イマイチ上手く使えませんで
したが、コレはこれでいろいろ試すのも面白いので、次回の走行がたのしみです。。
 次回はもちょっと『こうすればすげ〜曲がる』的な踏み込んだ使い方を探ってみようと思いま
す。。

おしまい

トップへ
トップへ
戻る
戻る


備忘
FIN:H⇒2
FT:H⇒1・3/4
FC(低速=マイナス):H⇒2
FC(高速=六角):H⇒1
RIN:H⇒STD
RT:H⇒2・1/2
RC(低速=マイナス):H⇒1(STD)
RC(高速=六角):H⇒1・7/8(STD)

タイヤ R10(温感F2.1、R2.1) 使用1.0時間
スプロケ 15−44