11年6月25日 筑波TT(IN JUNE) NBクラス

え〜と、コレを書いている現在(7月9日)、結果を知っているヒトも多いと思うし、シュタゲにハ
マって時間がなくて遅くなりましたが(笑)、カンタンに。。

まず、筑波TTのNBクラスに参戦してきました。。正直、4月までは全くタイムが上がらなくて、
(R10にやられたり事もあるけど・・)、レースなんてゼンゼン考えてなかったんですが、去年の
タダ券があったのと、直前で2秒台に入ってなんとか勝負できるタイムになったのでモノは試し
に参戦してきたワケです。。


ちなみに出場したNBクラスのNBはノーマルビックの略で1000tのクラスです。。
正直、750で勝負するのはかなり厳しいカテゴリー。。


ピットクルーは今回もみっち〜君とおんどさんにお願い。。
ありがとうございました!


で、予選

去年参戦していたGSX−Rカップと違ってNBクラスは予選で卒業タイム(1分3秒フラット)を
0.5秒以上上回ってしまうと賞典外になってしまうルールがあるので、2秒台に入れたら何位
だろうとピットインする作戦でコースイン。。


コースイン順はピットクルーの2人のおかげで今回も1番に♪

んで、先頭でコースインしたので、当然前にはダレもいないので1周目からガチで走行開始♪

朝一で体が動かないから手こずるかな?と思っていたものの、2周目には3秒フラット、3周目
には2秒8が出てインラップ、アウトラップ入れても4周で終了〜(笑)
順位はタイム的には3位、但し予選タイム1位は賞典外になっていたので、実質2位でした。。


コースイン直前、たいちさんと作戦会議中。。


予選時間が余ったのでピットレーンでakashitimiさんと記念撮影してたり(笑)


で、決勝。。

TTの場合、とにかく予選までが慌ただしくて大変なんだけど、予選が終わるとあり過ぎるくらい
待ち時間があって、スタ前チェックからグリットに並ぶまでも比較的時間があるので、ソコソコ
余裕で準備。。


今回でTT3回目というコトもあって、待機所でも今までよりはだいぶ落ち着いて、逆にマッタリぎ
みだったり(笑)


その後はグリットで記念撮影♪


さらにライダー紹介でイエ〜イとかやったり。。


同じリーンウィズから参戦している2番グリットのアンドーさんとパシャリしてたり☆

とかやっていると、ようやくここらヘンから緊張しだしてきて、レーステンションに切り替わってき
た感じ。。特に今回は排気量的にハンデがあるのでスタートは特に重要なのでなおさらです(;^_
^A


サイティングラップが終わってグリットに戻ると心臓バックバク!
でも、日常にない緊張なのでたのしい。。

で、スタート!

自分で言うのもなんですが、ホントにスタートがヘタなので今回もフロントーからスタートしてる
のに2列目のライダーにも抜かれてしまって1コーナー進入時点では7位くらいまで転落(笑)

さすがにコレはヤバ過ぎる!っと思って、S字のクロスラインで1台、1ヘア進入でさらに1台を
抜いて前を見るとNBクラスの4台、さらにはNT1クラス(リッターツインのクラス)の1台にも先
行されている状況で序盤で既にエマージェンシーな状況(泣)

ちなみに並びはNB、NB、NT1、NB、NB(ボク)の順。。

特にNT1のトップにも先行されているのは非常に問題でペース的にNBクラスの方が速いので
フタをされているとトップに逃げられてしまいます・・

で、1周目の裏ストレート、前を走るNBの1台がボクと同じように感じたのか、早々にNT1のト
ップに仕掛けてパッシングにかかります。。ココはリッター同志とはいえツインと4発とはパワー
が違うので簡単にオーバーテイク。。

で、ボクもなんとしても続きたいトコだったので、遅れまいとNT1のスリップに入ったんですが、
相手はツイン(確かドゥカティ1098)とはいえ、400tも排気量が違うので逆に引き離されてし
まう始末でパッシングどころではない感じ・・

とはいえ、ココでモタつくと一気にレースを決められてしまうので、即座に狙いドコを1コーナー
のブレーキングに切り替えます。。

んで、最終の進入で一気に差をつめて、向き変えでクロスラインで並びにかかり、ココでも立ち
上がりではボクの方が速いけどバイクが起きる全開区間に入ると一気に伸びられてちょこっと
ヒヤリとしたものの、1コーナーのブレーキングオーバーテイク!
前を見ると若干離されてはいるものの、まだ射程圏内にはいる模様。。
ふ〜アブね〜、よ〜しよし、コレからだ!コレから!


最終コーナーでクロスラインからホームストレートで並びにかかります。。


全開区間でのパワー差を脱出スピードの差でなんとかカバー。。
NT1のトップも2秒台なので1アタックで前に出れてホントよかったf(^_^)

で、ココからはNBクラスだけのガチンコ勝負!
タイムも全員2秒台なのでまさに混戦のドックファイトです!

でも、自分だけパワーにハンデがあるので、インフィールドでは追突しそうになるけど、裏ストレ
ートではスリップにつこうが容赦なく離される展開・・途中、2ヘア進入で追突しそうになってライ
ンを外して立ち上がりがニブったところを後ろからきたNBのもう1台に裏ストレートで抜かれて
しまって、5位になってしまいました(1位が賞典外なので実質4位)・・

その後は、自分を含めた上位5台がトップ集団を形成して集団の中でパッシング大会が始まっ
たんですが、自分はというと、インフィールドではフタをされまくって、裏ストレートで離されて、イ
ンフィールドでまた追いつくという展開で、普段はあんまりこういうコト言わないんだけど、正直、

『進入おっせーーんだよ!もっと突っ込めよ!(怒)』
とメットの中で叫んでしまいました。。(すみません(-_-;)

仮にコレが1対1でのバトルならインフィールドでインに入る事も出来ると思うんですが、5台が
チョー接近しているので、前のライダーもラインが入り乱れていて、ネジ込むと2台くらい巻き込
んで接触しそうでどうにも仕掛けられない感じでした。。


裏ストレートで抜かれて5位に・・(生涯でレースでスタート以外で初めて抜かれたかも・・)

そうこうしているとドンドン周回は進んであっという間にレースは終盤。。

チクショー、この状況じゃトップはとてもムリだな〜。。でも、4位(実質3位)のヒトならなんとか
抜けそうなんだよな〜。。仕掛けるならやっぱりコース幅がある1コーナーしかない、ブレーキン
グまでに後ろに付けていれば進入ではゼッタイに負けないハズ。。ソレには裏ストレートのギャ
ップを最終コーナーだけで取り返す必要がある・・進入だ、進入っきゃねーと狙いを定めて飛び
込んだ8周目の最終コーナーで事は起きました。。

最終コーナー進入でいつもより深めに入って、ブレーキングで一気に差を縮めて!?と思った
瞬間、フロントがスッポ抜けてスリップダウン(泣)!!?3位表彰台の計画はあっさり砕けまし
た(泣)

ただ、大変だったのはその後で、220`オーバーからのブレーキング中に転倒したので、ライ
ダーもマシンもゼンゼン止まらなくて、コース内を滑っている間は

『ヤベー!?コレ、バイクは大丈夫か!!?』

とか思っていたんですが、グラベルに入るとボク自身がタテにヨコに回転しまくって、

『バ、バイクどころじゃねー、オレが大丈夫か!!?』

という感じでさすがにちょこっとビビりました(笑)

で、結局ボクはというと、グラベルの上をさらに滑走した挙句、スポンジバリアに突っ込んでな
んとか停止。。バイクの方はというと、さらにアグレッシブにアクロバットを決めて、スポンジにぶ
つかってからさらに跳ねて、スポンジバリアの向こう側までダイブしてました。。

あ、ちなみに転倒がハデだったせいで、いろんなヒトに心配されましたが、左手の小指と薬指を
突き指したくらいでボク自身は軽傷でしたヽ(^o^;)ノ


ライダーはいたって軽傷。。小指にシップ貼ってもらったくらい。。


あ、あと額のヨコをちょびっと擦りむいた。。↑はみっち〜君に写真撮られてるトコ(笑)

ま〜今になると、『もったいなかったな〜』と思わなくも無いですが、あそこでバトルしていた4人
は全員がボクと同格か格上のライダーで、さらにあ〜いう混戦でハンデのあるバイクで勝負に
いくというコトは、ノーリスクでどうにかなる状況ではなかったワケですから、けっこう完全燃焼で
きたというか、サッパリした気持ちではありますw(^_^)。。あんなにガッチリレース出来たのも初
めてだったし、全力で挑めて楽しかったし。。

というわけで、今回はちょこっと残念な結果に終わってしまいましたが、コレもレースというコト
で次回につなげたいと思いますへ(^-^)/


皆さん、お疲れ様でした!

Special Thanks!
ピットクルー
おんどさん、みっち〜君、たいちさん
写真班
みっち〜君、しにちなかおさん
SHOP
リーンウィズ

おしまい

トップへ
トップへ
戻る
戻る