13年5月8日 ツインリンクもてぎ 4回目

月一くらいは走らないと目がついて行かなくなりそうなので、もてぎへ。。

今日のお題はライン。。正直、未だに正しいラインが分からないので、いろいろ試してみよう
と。。

具体的にはコーナー毎の倒し込みタイミングを検証しようとトライしてみました。。
以前、筑波のBS走行会で全日本ライダーにラインを教えてもらった時にも思っていたんだけ
ど、全日本クラスはホントにターンインまでのタメが長いというか、アウトで貯めて一気にバンク
させるラインを取っていたので、ブレーキ区間の長いモテギだとより顕著なんじゃないかと思っ
て、今日はこれを試してみました。。

んで、結論からいうと、タメを長くとると単純にターンインが遅れて大回りとなってしまう結果とな
り、正直ウマくいきませんでした。。ただ、プロとは向き変えのスピードが全然違うので同じスピ
ードで曲がろうとすればそうなる事は予想していたので、じゃ〜アマチュアライダー用に進入ス
ピードを落としてやればうまい事行くんじゃないかとコレも試してみたんですが、結局ソコまでス
ピードを落とすとコーナリング中に完全に失速してしまって、コレはこれで速度の調整が難しく、
結局イマイチな結果に。。

タイム自体は前回のタイムを更新して5秒台に入れる事が出来たものの、ロガーで各コーナー
毎にタイムを比較してみると、1コーナーから5コーナーまでは前回走行の方が速くて、130R
でようやく追いつき始め(これはアウトでタメる分、進入速度が上がった)、S字で並んで、V字で
逆転、ダウンヒルは似たようなもんで、ヴィクトリー手前でやや速いという結果でした。。といっ
ても、未だにラインもブレーキも定まっていないので、各セクション毎のタイムの振れ幅がすごく
大きくて、例えばV字だけで言えばベストラップは全体5番目くらいのタイムで区間ベストと0.8
秒も違っていたので、どんだけバラバラな走りをしているのかと自分でも笑ってしまった。。

そうそう、V字といえばこのコーナーは一番走り方が分からないコーナーだったんだけど、よう
やくブレーキ区間が定まってきた感じで、どうやら今までは単純にブレーキが遅かったっぽ
い。。前回まではラインを切り替えてV字進入で右一杯までマシンを振ってからブレーキしてい
て、止まり切れずカントも無い部分なので非常にグリップ感がなく怖かったのだけど、ライン切
り替えの途中でブレーキを開始するようにしたら、まあまあ止まれるようになった。。それでもい
まいちインに付けないのでもちょっとブレーキを早めて立ち上がり重視でふってもいいのかもし
れないけど。。

あと、今回、痛烈に感じたのがモテギに関しては自信をもって突っ込めるコーナーが一つもな
いので、とにかくパッシングが出来ず、本当にまるまる一周クリアでないとタイムがガタ落ちとな
る。。タイムにバラつきが大きい原因の一つにこの部分もありそう。。




というわけで、今回は5秒台。。

それにしてもモテギはホントに課題が多いな〜。。
筑波はネタ不足だったから新鮮で楽しいけど、アレもコレもあって走行前に頭を整理しとかな
いと、コースに出たらスカッと忘れて、ピットに戻って気付くとか結構ある。。


ちなみに1時間ちょっと走ったリアタイヤはこんな感じ。。

SC2だから3時間くらいはもつかと思ったけど、立ち上がりで使う部分はかなりアヤしくなってき
て、表面も荒れてきた感じ(まだ滑らないけど)。。
ただ、今回は空気圧を1.9で走ってみたんだけど、走行中はもっと上がってちょっと空気圧高
すぎた可能性もありそう。。タイヤの潰れが足りない場合(多くの場合、路面温度が低い時に高
い空気圧で走行するなど)、接地面が不足して表面が荒れだすとBSのヒトが言っていたのを聞
いたコトがあるし(乗り方の問題化かもしれんけど・・)。。ま〜このタイヤについてはもちょっと
データ集めが必要そう。。


一方でフロントはゼンゼン摩耗してないというか、右側も左側も摩耗に差がなくて、コレはこれ
でホントに合っているのか不安になるかも(笑)


ちなみに走行はこんな感じ。。(何度も書くけど、ホントにラインが定まって無くてクリップ外しま
くりで、改めて動画見るとホントヒドイね・・ヽ(^o^;)ノ

おしまい

トップへ
トップへ
戻る
戻る



備忘
FIN:H⇒7・1/4
FT:H⇒6
FC:H⇒10
RIN:H⇒3
RT:不明
RC:H⇒10

タイヤ ディアブロスーパーコルサ V2 F:SC1 R:SC2 使用1.25時間
スプロケ 15−48