13年6月29日 ツインリンクもてぎ 6回目

仕事が尋常じゃなく忙しいこの頃で、7月のモテローに出場するかも悩む状況でしたが、ま〜1
年にそう何度もあるワケじゃないので、とりあえず出てみる事にしまして、じゃ〜1回くらいは東
コース走っとかないとさすがにヤバイだろ・・という事で、これまたムリして月末近くの土曜日に
東コースの走行に行ってきました。。

東コースには来た事なかったんですが、着くなり『トミン!?』って感じの混み具合と狭い&屋
根だけピットにビックリしました。。

おまけに直前にオイル交換した発電機がなぜかエンジン掛からず(オイルをケチったせいか
も)、青空ピットで発電機無しなんてそれこそトミンみたいだよね〜・・みたいな事を考えてたら、
たまたま1番ピットの方が午前枠だけで帰るという事だったので、幸運にもピット確保できて事
なきを得ました。。


ちなみに知り合いはakashitimiさん、カンナリさん(ジュース御馳走様でした!)、ミヤケさん。。
最初は知り合いが全く見当たらず、寂しくてプルプル震えていたんですが、一人じゃなくてよか
ったf(^_^)

んでは、さっそく走行編。。

走行前に坂田さん(言わずと知れた世界チャンピオン!)が通りかかったので、早速、先日の
お礼と東コースの攻略法を質問攻めに。。

坂田さんに教えてもらった内容としては
・東コースは1個目の進入がタイトでブラインドの部分が多く、レコードラインとスローダウンした
車両のラインが交錯する部分も多いので、ラインが定まるまでは注意が必要。
・2個目の左は逆バンクなので特にリッターは注意が必要。
・最初のうちは前半部分より後半で稼ぐイメージで走った方がリスクが少ない。
・とにかく慎重に走るように!
という事でしたので、コースインするまで頭の中で繰り返しながらイメージ。
(坂田さん、ありがとうございました!)

あと、前日に走っていたいまむ〜君のインプレも参考にとりあえず出来るだけの準備してコー
スイン。。

で、ピットアウト後、東コースはダウンヒルの途中から合流するのでさっそくショートカット部分に
突入するんですが、坂田さんに言われてた以上に1個目の右がタイトで、アウトラップで右側を
走行している事もあって危うくレコードラインに飛び出しそうになって1周目でいきなりビビりまし
た。。他にも本コースに合流する右コーナーもアウトラップの時はジムカーナのようにタイトに曲
がらないとレコードラインに入ってしまうので、中途半端な速度で膨らんだりしたら、ホントに追
突されそうでやっぱこの部分は慎重に走る必要がありそう。。

んで、ビビりセンサーが高まってるトコに、130Rにスクリーンの破片が散らばっていたり(不運
にもakashitimiさんが踏んでしまったようですが、影響なくて良かった)、ダウンヒルでリッターバ
イクが小排気量に追突するという大アクシデントが起きて赤旗になったりでさらにテンションダ
ウン。。結局、一本目は33秒止まり。。うう、大丈夫か選手権・・(;^_^A

で、2本目もイマイチ、テンションが上がらず、しかもリアのグリップがかなり怪しくなってきた事
もあって、さすがにレースの1週間前にコケるわけにも行かないと早めてに切り上げて結局ベ
ストは32秒台で終了〜。。


結局、32秒台が精いっぱい。。つ〜か、ショートカット区間が難しすぎ。。


直前にたいちさんにオーバーホールしてもらったブレーキはバッチリで、走行後の引きづりもな
く、ブレーキタッチもカッチリな感じでカンペキでした。。う〜む、コレを武器にもちょっとタイムア
ップしたかったけどヽ(^o^;)ノ


最近感じるんだけど、ちょっとリアサスが入り過ぎ(動きすぎ)かも。。でも、イニシャルは結構か
けてるし、そろそろOH時期なのかも。。

というわけで、次はモテロー第4戦です。。
かつてないほど準備不足な状況ですが、ま〜第5戦のお勉強のつもりなので( ^ー^)


トップへ
トップへ
戻る
戻る



備忘
FIN:H⇒7・1/4
FT:H⇒6
FC:H⇒10
RIN:H⇒3
RT:不明
RC:H⇒10

タイヤ ディアブロスーパーコルサ V2 F:SC1 R:SC1 使用1.5時間
スプロケ 15−48
走行前にブレーキをオーバーホール