RSV4 FACTORY APRC 納車

え〜と、タイトルの通り、アプリリアのRSV4 ファクトリー APRCに乗り換えました。。

去年、モテローの最終戦が終わった後にR1が次のオーナーの元に嫁いでいき、新しい相棒を
探していたんですが、巡り巡ってRSV4に辿りつきました。。

一応、カンタンに経過を書くと、

候補@GSX−R1000
リーンウィズだと圧倒的にR1000が多いので(基本的にどんなバイクでも対応できるバイク屋
さんです)、当然、当初はR1000が候補に挙がっていました。。地方選手権レベルでの絶対
的な実績と、安くて速くて情報も豊富と3拍子揃ってて、ほとんどノーマルでもストレートでビハイ
ンドを負う事もない鉄板バイクなわけですが(以前K3のR1000とか、K9のR750に乗ってて
素性は良く知っているし)、一応、他も見てみようと一旦保留にして、情報収集してたら気付い
たらRSV4に決まりました(笑)

候補AYZF−R1
去年1年間R1に乗っていたので、現行型のR1を探していましたが、中古のレースベースはド
コを探してもなく、新車のレースベースかナンバー車から制作する必要があったので、価格の
面がネックに。。マシン自体はモテギで見た限りはお世辞にもエンジンパワーがあるワケでは
ないけど、回頭性の高さは国産SSでも随一な感じで、回頭性を活かして早めにスロットルを開
けられるので、単純なエンジンパワーの差ほどは、ストレートでのビハンドは無さそう(もちろ
ん、混戦には向いてないけど)。。トラコンが付いてて前のR1のサスやラジエターでお世話にな
ったドックファイトさんとか情報も豊富なので最後まで候補に。。

候補BCBR1000RR
ここ10年位ホンダ車には縁がなく、現行型は知り合いもほとんどいないのでデータも少ないの
ですが、言わずとしれたホンダだし、関東にはかの有名な全日本チャンピオンのショップもある
ので、とりあえずрナ聞いてみて情報収集。。非常に親切に教えてくれて、レースベースにのみ
付いているトラコンのセッティング方法も教えてくれたのですが、しっかりセットアップするには
それなりに工数が掛かりそうな印象。。水温問題も深刻でタリオ製のビックラジエターは必須と
のコメントも・・・ベーシックなパッケージにするまでに車両込で2M¥程度はかかるという話。。
一応、保留に。。

候補CZX−10R
国産車の中で唯一、前時代と決別し、凄まじいパワーと漸進的な車体レイアウトを取り入れた
10R。知り合いでもヨウさんが乗っている事もあってブレイクスルーを期待してしまうトコもあっ
たんですが、情報が全くないので藁にもすがる思いでカワサキ車で全日本に出ている比較的
近場にある、あのショップにрオたところ、↑のお店とは正反対に非常に冷たい対応をされて
やっぱカワ車とは縁がないと確信して除外に。。

候補DS1000RR 現行型
言わずと知れた最強パワー。。一部の草レーサーの間では圧倒的な戦闘力の評価を得てい
たものの、乗っているのはセットアップ等が単独で当然に出来る上位ライダーしかいなくて、自
分のようなポコ太が乗れるか全く自信がなかったのと、やっぱ価格が凄すぎたので除外に。。

とか、いうのを11月から年始に掛けてやってて、一通り情報収集したら消去法で決めようかな
〜とか思っていたら、忘年会の時にRSV4の話を聞いて、ものは試しとばかりに実写確認させ
てもらった所、装備の豪華さ、スペアパーツの充実さ、価格(コレが決め手)、オーナーが超速
い方でいろんなノウハウを聞けそうなこともあって、それまでの候補をごぼう抜きにして決めて
しまいました(笑)

でま〜、今回は巡り合わせによってマシンが決まったハズなんですが、今までの御多分に漏れ
ず、案の定、マイナー車に行き着いてしまいました(笑)
振り返えるとスーファミ全盛期にPCエンジンを買い、プレステ全盛期にネオジオCD(後にロー
ディングの長さに嫌気がさしてネオジオに・・)を買い、若干、周囲とのギャップを感じつつも買
い足したのがセガサターン(笑)、高校時代にはドリームキャストに手を出した過去を思い起こす
と、もうコレは好むと好まざるとに関らず、そういう星の元に生まれたんだ思うしかない感じで
す。。(ちなみに初めて買ったバイクは周囲がNS−1を買う中、マグナ50(笑))


というわけで、前置きが長くなりましたが、


RSV4です。。

正式にはRSV4 FACTORY APRCというそうです。。


シートカウルはすさまじいカタチをしてます。。
ゼッケンの貼り方に努力がにじみ出ている気が(;^_^A


SBKチャンピオンらしいです。。


いろんなトコにメーカーロゴが。。


こ、こんなトコにもロゴが・・


トップブリッジや・・・


フ、フレームスライダーにもσ(^_^;)?


とにかくギュッとしたレイアウトで、車格はほとんど600t。。タンクを上げると信じられないくら
い詰め込んでいる感じです。エキパイのすぐ横にリアサスがあってちょっと熱は心配かも。。


メーターは今までとは比べ物にならないくらい、色々表示されるみたいです。。
なんでも、PCを介さずAPRC機能(トラコン、ウィリー、ローンチコントロール)をキャリブレーシ
ョンできるそうです。。ちゃんと使い切れるかな〜。。


そして、プレステのジョイスティックが片側に集まったかのような、スイッチボックス。。キャリブ
レーション操作は全てココでやるっぽい。。トラコンも走行中に介入度を変更できるそうな。。


で、装備の方ですが、ファクトリーモデルなので、サスはオーリンズだったりします。。


リアもオーリンズです。。


で、ブレーキキャリパーは純正でもブレンボなんですが、なんと上級モデルのブレンボに換えて
あります。。う〜む、ブレンボからブレンボって。。


で、ローターはなんと!サンスターのワークスエキスパンド!(5.5mm)
茂木はブレーキ厳しいのでありがたいです(^o^)


マスターもゲイルスピードに換装済み。
タッチも今まで経験した事ないような上品な感触(笑)


そして極めつけはJP-4 マグタンホイール!!
一生、縁がないと思っていたけど、まさかこんな機会がくるとは。。


マフラーはアクラポヴィッチのフルエキ+ストライカーのサイレンサー440mm。。
なんでも、サイレンサーは排圧でウールが寄ってしまうそうなので対策しているようです。。


オイルキャッチタンクは凄いトコに付いてると思ったらワンオフだそうです。。


ラジエターコアガードとか小物も付いているのでとってもありがたいです。。


ステップはK−FACTORYのレース専用、なんとスペア用にもう1セット頂いちゃいました。

他にも
・スペアカウル(フクダテクニカ)
・オプションハンドル
・ラピットバイク+マイチューニングバイク
・STMスリッパークラッチ、交換用新品クラッチ
・ストンプグリップ
・エンジン2次カバー
・NAGバルブ
・タイムアタッカー
・純正部品(カウル、マフラー、諸々)

など等、付けてもらいました。。


ほんで、その後はリーウィズに行ってタイヤ交換。。
外してみて分かったんですが、使われているボルトが11、13oが多くてほとんど工具を持って
いない事が判明。。フロントのアクスルナットも30oでまた買い足さねば・・(リアは32oでR1
用が使えました)


そして、たいちさんに教えてもらって初めて知ったんですが、ブレンボのキャリパーは国産純正
と違ってインナーカラーというか、スイングアーム側から出ている突起がないので、そのまま付
けるとセンターが出ず、引きずりを起こすみたい。。なので、仮止めした状態でブレーキレバー
を握ってパットを押すことでセンターを出して、そのまま本締めすると上手くいくそうです(正確
にはニギニギ→握ったまま本締め→レバーを離して再度締まってるか確認の流れ)。。

他にも今までと違う『こういうのの組み方は当然に知ってるよね??』感があって、整備力皆無
の自分としては気疲れしてしまいました。。早く慣れねば・・

あとは、手配中のタンクパットが来たらストンプグリップを貼って走行準備は終了。。

さてさて、開幕戦まで最大でも3回しか乗れないからな〜。。間に合うかな〜(;^_^A


トップへ
トップへ
戻る
戻る